受験者(1):女性 NEXT →
 
 

(ドアをノックして入室。静かにドアを閉めて、)

Good morning!
(声は特大で臨もうと思ってはいたが、そこまでは大きくなかったと思う。)

A : (特にあいさつはなし。にこやかに微笑む。緊張をなごませてくれる感じ。)

B : Please take a seat.

(着席)

B : May I have your name and address? (とても淡々とク−ルな感じ。でも冷たい感じはまったくない。)

Yes.  My name is .... I live in ...City, Fukuoka Prefecture,
(ここで、ご教授頂いたように自分の得意分野への持ち込み作戦にでるため)
but I'm originally from Kanazawa, Ishikawa prefecture famous for Kenrokuen Park.
(ね、聞いて!聞いて!兼六園って何か!とはやる心で待つ...)

A : Is Kenrokuen Park a must to visit for foreign tourists?
(来た〜〜!!!ヨッシャ、とばかりに)

YE-E-S!! Kenrokuen is one of the 3 most famous landscape gardens in Japan.
It was constructed in the Edo period by a local lord!!
(言い終わって、ニンマリ。ここで緊張も一気に和らぐが、金沢についてはそれ以上話が弾まず・・・愕然、がっくり。達成感の後にむなしさと再び緊張が襲う)

A : Today is the last Sunday of November, and the new year is approaching.(こんな感じのことを言ったと思う。)How do Japanese celebrate the New Year?

(300選がフルに活きてくるこんなお茶の子サイサイなはずの質問に一瞬緊張が走る。エッ、何から最初話そう??、と)

Well, ah...ah...before ah.... the New Year's eve, ah....at the entrances of houses and buildings, (ホントはoffice buildingと言うつもりだった・・・)ah...Japanese place a decoration(called "Shimekazari"と、緊張のあまり頭の中では言ってないのに実際言ったつもりになっている。帰宅後気づく。)made of twisted rice straw-rope with fern leaves, an orange, and other auspicous items.
(頭の中が混乱!初詣、お雑煮、おせちをまず言うべきだったのに。頭に浮かんだのはお正月飾りだったのです!しかも、つづけて門松に話題を移そうと思っていた瞬間に・・・)

A : What are the auspicious items?
(予期せぬ質問に動揺.... smile! smile! be confident!と心でつぶやく)

(どうしよう。 しめ飾りに他何があったっけェ??ん?南天?南天付いてたかな--??いいや、うちのには前確かに付いていたんだ!!しっかし南天って何て言ったっけかなぁ?あっ!nandinってどっかで読んだよな・・・よしッ!nandinで行こう!と決断)

One of them is "nandin",

A : Pardon? Nan...??
(どうしよう〜〜nandin何てなかったっけかなぁ??(TT; )( ;TT)??と悩みつつも、腹をくくり )

It is a kind of small red fruits. (スマ〜イル!・・・多少引きつっていたかも)

A : Does it have any auspicious meaning?
(エッ?まだ来る?と思いつつ)

It is considered to be good luck and longevity.
(私はliarです・・・ごめんなさい。何でこんなことを口走ってしまったのかと落ち込む。しかも、後で気づいたが "a symbol of good luck..."と
言ったつもりでいた。)

A : Do you place such a decoration at your home?

(ここでnegativeな答えをしてしまう・・・)No, I don't. When I was a child, I placed one at my parents', but now I live in an apartment...(それにお正月は実家に行ってるからですねぇ、と言いたかったのに・・・)

A : (手を肩幅大に広げ)こぉんなサイズは2000〜3000円しますよねぇ。でも(両手で丸を作り)小さいのはとっても安いですね。見たいなをニコニコと話す。

Yes, yes, you can buy one even at 100 yen shop.

A : (そう、そう!と言う風に大きくにこやかにうなずく。あぁ、その笑顔で私を落とさないで・・・と心でつぶやく)


A : Next question...(正確な質問文は覚えていないが、)What do you think about "freeters"?

(予想外の質問に動揺しそうになるが2001年の二次試験レポ−トのtemporary workerのトピックが脳裏に浮かぶ)

Well, some Japanese companies are trying hard to reduce their costs in employment.

A : (えッ?それでそれで??と言う表情を浮かべやや身を乗り出す。)

But employing "freeters" or temporary workers don't have a good influence on Japanese economy in the long run...,

A,B : (それまたどうして?と興味津々に聞く)

because they are not loyal to the company than regular workers,... (ここで文法的に明らかな間違い・・・比較文になってません)

because they don't have social guarantees...? security....such as childcare leave...health insurance...So it's not good to employ freeters or temporary workers for the Japanese economy in the long run.

A : Freeters sounds very funny.(funny だったか?何かそんなような形容)What does it mean? (ではなくて、どうしてfreetersと言われているかみたいな質問をする。)

(質問の予想外の展開に困惑するとともに、質問の真意はフリーターが日本経済に及ぼす影響なんてそんなとっぴな方向ではなくて、若者文化としてのフリ−タ-が増加してる現状について話すべきであったと悟る。何とも的外れな答えをしたものだ。)

Well,...ah...freeter sounds like the person with freedom....ah...(何て続ければいいんだ・・・)Freeters are those who spend their free time....up to their will or incentives(何ともハチャメチャになってくる。)

A : Oh, thank you very much for coming.

(もう終わりなの?とポカンとしつつも)
Thank you. I was very nervous, but I'm VERY honored to be here today!! (とっさに・・・でも心からの言葉)

(深々とお辞儀をして退室)


全体として和やかな雰囲気の面接でしたし、出された質問も冷静に考えればそれなりにちゃんと答えられたはずのものだっただけに、自分の不甲斐なさにとてもがっかりしています。質問の数も例年より一つ、二つ少なかったようで、面接時間はあっと言う間でした。 


 
 
  NEXT →