受験者( 04 ):女性

backnext

試験官

<試験官A>

50代から60代くらいの白髪、白髭の英語のネイティブスピーカー。少しなまりがあるように聞こえた。英語の話すスピードは普通か少し速め。声が少し小さく、おまけにもぞもぞと話されていたので聞き取りにくい。

<試験官B>

40代くらいの女性。はっきりとわかりやすい、きれいな英語を話されていた。現役の通訳案内士のように思える。常時笑顔をたやさない。場の雰囲気を和やかにしていただいた。

質疑応答

(私は呼び出された3人の中の2人目でした。13時40分頃になったら部屋に入ってくださいと、係りの方に言われました。40分になったので、係りの方に「もういいですか?」と聞き、係りの方が部屋の中の試験管に合図をしてくださり、私は部屋の中に入りました。)

Hello.(とにかく笑顔で元気に行こうと思い、自分から大きな声で挨拶しました。)

Hello.(笑顔で)

Hello.(少し笑顔で)

(荷物を置く)

Please have a seat.

Thank you .

Please tell me your name.

My name is ........

OK, Ms. ......... (と、私の顔を見ながら名前を確認)

Please tell me where you live.

I live in ........ city in ........ Prefecture.(Bだけでなく、Aの方の目も見ながら答える)

How did you come here today?

I came here by Shinkansen. It is a Bullet train and super express train in Japan.

(少し間があって)How long did you take?

(あ、聞かれる前に、どれくらいかかったかということも自分から言っておけばよかったかな?と思いながら)It took about 30 to 40 minutes.

To Hakata station?

Yes, from Shinyamaguchi to Hakata station.

OK. Thank you. Now, you are supposed to be a tour guide and he is a tourist. You will do role play. (英語は覚えていませんが、あなたがツアーガイドでAが観光客となってロールプレイで今からします、と、説明をしてくださる)

First question. I am on a tour bus. I met a traffic jam. What will you do?

(時間かせぎのために)Well, that's not good. You still need to go to tourist spots you are planned, right?

(うなずく)

I have a cellphone and I can use Internet with it. I will check the situation of the traffic jam of other streets. Then, if I can find otherstreets, I will ask the driver to use that one. (すいている道路をインターネットで調べて、情報が得られたら、運転手にその道を使うようにお願いするといいたかったのに、なんかあいまい・・・)

OK. Next question. I don't have any cash with me. I only havea credit card. I want to get a cash with my credit card. Where should I go?

Well, I I I (緊張のあまり、どもってしまう。Bをちらっとみると笑顔で「がんばって」と応援してくれているような気がした)recmmend you to go to city, local banks. There are ATM machines and you can withdraw money with your credit card. You don't need to worry about it.

Oh, OK. (少し微笑むというか苦笑いをしてくださった)Next question. I will ask you about Japanese history.

OK.(OKと言ってはいけないといわれていたのに、ついついOKと言ってしまう)

At the end of the Edo period, political power was returned from Shogun to emperor. What's the reason? (英語の表現は違うかもしれませんが、江戸時代の終わりに将軍から天皇に政権が返された理由は何か?と聞かれました)

Well, (3秒くらい沈黙)the last shogun of Tokugawa Yoshinobu was struggling to control the country. (といいながら、Bを見ると、うんうん、と笑顔でうなずいてくれる。Aはただ、無表情で聞いている)Japan needed to open the country to other countries. (鎖国時代について説明ていないと思い、あわてて)Oh, during the Edo period, Japan had the policy of isolation and did not open its country to other countries. During this period, Japanese, own Japanese culture was established. However, Japan needed to open the door to Western countries. (とさっきと同じようなことを言ってしまう。もう頭の中が真っ白です)Of course, this period was important for Japan to enhance Japanese culture established well, but I think opening the door to other countries is also needed, This is the reason for that.(と、鎖国を行っていたため、日本文化が栄えてよかったが、日本が発展するには外国の影響も必要だった。このことが将軍から天皇に政権が返上された理由だ、と答えたかったのにもう時制もめちゃくちゃ)

OK. Next question. What is Tokaido 53 tsugi? (もっと長い文だったような気がしたが、なんと言われたか正確には覚えていません。ただ、東海道53次について教えてほしいみたいなことを聞かれたのだと思います)

Well, that's a very difficult question. hmmm (予想もしていなかった質問にもうかなりびっくり。でも沈黙はさけなければと思い、笑顔でこんなコメントを言いながらごまかす。少し目を左上方向にそらして考える。でも何と説明したらいいかまったく思い浮かばない。かなりピンチ!)Well, I am sorry, but I don't know exactly about it. It was really important in some way. (と本当になんと言っていいか困ったとき、浮世絵が頭に浮かぶ)There is a picture of 東海道53次. Since it was really important, (なんと言ったか覚えてませんが、とても重要なものなので、絵に描かれていますと言った)

Ukiyoe? (と、ここで初めてAが私の発言に対し、言葉で反応をしめしてくれる)

yes, wood-block printing. (浮世絵はいいおみやげですよ、と一言つけくわえようかと思ったが、やめておいた)

OK. Next question. Can you tell me about Todaiji temple in Nara?

Well, Todaiji temple has a big, large Buddhist statue. There are two large Buddhist statues in Japan. One is in Nara, in Todaiji temple and the other is in Kamakura, in Kanagawa prefecture, which is near from Tokyo. The difference between the Buddhist statue in Nara and Kamakura is that the statue in Nara is in the wooden structures and the statue in Kamakua is located outside.
(と、本当は東大寺の大仏がいつ頃作られたか、どんな格好をしているか説明すればいいのに、そのときは鎌倉の大仏との違いしか頭にうかばなくてもうとにかく東大寺の大仏に関して知っていることをすべて伝えようと必死。沈黙はさけなくては)
Oh, and one outstanding feature of the Buddhist statue in Nara is the size of the statue is about 17 or 18 meters tall.(といいながら、ジェスチャーで大きさを表現。もう英語での説明が最悪なのでジェスチャーなどでアピールせねばと必死です)You will be surprised to see the size of the statue.

Next question. I saw gardeners are covering plants with blanket. What is it? (質問の英語表現はよく覚えていませんが、庭師が毛布で木のまわりを覆っているのをみたが、これは何か?というような内容だったと思います)

(3秒くらい間があく)blanket?(と、問い返してしまう)

(英語でもう一度質問の説明をしてくれる。が、よく聞き取れない)

Well, that's a good question. (と、これまた、時間稼ぎのために笑いながら、ごまかす。3秒くらい間をおき)I'm sorry I don't know exactly. I will check the Internet, but I think if you see that situation in winter, I think the ga ga ga gardener (あせってgardenerが言えない)is protecting the trees or plants. I mean, I am not sure exactly why, but I think it is for protection for the trees.(と、これまた知識がないことが判明してしまう。素直にわからないけど、木を保護するためと一生懸命にAとBの二人をみながら説明する。Bは微笑ながら、聞いてくれる。Aからは笑顔がみられない)

That's all for today.

oh, OK.

You can leave now.

I really enjoyed talking to you.(とA,Bをみながら笑顔で言う)Thank you very much.(と言って、最後に扉の前で一礼して部屋を出る)

受験の感想

あっという間に終わってしまいました。試験時間が5、6分くらいだった気がします。去年や2006年のレポートを見ても、受験者が答えたことに、何かしらのコメントやその発言に対する質問が試験官からされていましたが、私の場合は、東海道53次の質問の発言の後に試験官が"Ukiyoe?"と答えてくださった以外、"OK. Next question"の、一方通行でした。聞かれた質問については、東大寺は少し勉強したことありましたが、あまり深くやっていなかったため、勉強してないのと同じです。あとは、予想もしなかったものばかりで、もう質問のたびに「え?」と驚くことばかりでした。言うまでもありませんが、もう結果は散々です。初めの会話で住んでいるところを聞かれたとき、その場所について答えられるように準備しておいたのに、まったく聞かれなくて残念です。あと、通訳ガイドになりたい理由も最後に聞かれたら、これで挽回しようと思っていましたが、これもなく、もう挽回できるものがなくて本当最悪でした。勉強したものが出なくて、とっても残念です。
ただ、答えがわからないなりに、何がなんでもやる気だけはみせねばと思い、一生懸命答えようと悪あがきはしました。目と体で「合格させてー」と訴えました。あと、笑顔は絶やさなかったつもりです。(といっても、緊張のあまり、ひきつっていたかもしれませんが。)答えるときは、AとBの二人をを交互に見ながら大きな声で答えました。今回はだめでしょう。また来年、気を取り直して、一次試験の勉強からがんばります。もっと知識を増やします。

ハローの講師、授業内容、教材、その他(メルマガ、ホームページ)についての感想

ハローでは、2006年12月開講の1年間の<受験対策コース>(通信コース)でお世話になったのを初め、<基礎から体系的に学ぶ 72時間マラソンセミナー>(一般常識、地理)、このたびの<英語第2次試験対策秋期特訓コース>でいろいろとお世話になりました。1年間コースの英語では膨大な英文に慣れながら、英文解釈の仕方を丁寧に教えていただきました。「日本的事象英文説明300選」では日本語でも説明が難しいと思われることを英語で覚えなくてはならなかったですが、一日少しずつ、車の中でもCDをひたすら聞くなりして覚えました。1年間コースの第1次邦文試験対策では基礎を、<基礎から体系的に学ぶ 72時間マラソンセミナー>では基礎をもとに深い知識を身につけることができました。<英語第2次試験対策秋期特訓コース>では、毎週日曜の長崎から大阪までの通学は大変かなと思いつつも、今年絶対に合格したいから通学するしかないと思い、片道5時間の通学をさせていただきました。ブライアン先生はとても親切で一生懸命に私たちを指導してくださりました。最初は先生がテキストに書いてあることを主に私たち生徒に順番に質問をしていき、私たちが答える形式でしたが、回数を重ねるごとに授業内容も濃くなり、後半は先生の目の前にいすが用意してあり、名前を呼ばれた生徒がそのいすに座り、先生がテキストに関係なく質問をしていく形式をとるような、本番の試験のように毎回授業内容が実践的なものになっていき、本番の臨場感を味わうことができました。2次対策中には精神的に弱くなってしまい、多くの不安がつのってきましたが、そのたびに先生や村山事務局長にアドバイスをしていただきました。この2次対策を通じて、技術面ではもちろん、精神面でもしっかりと鍛えられました。毎週の通学は大変でしたが、あのときがんばってよかったなと思っております。まだ結果待ちですが、やるだけのことはやったのでくいはありません。来年受験することになっても、また新たな気持ちでがんばろうと思います。
ハローではたくさんの生徒さんがおられる中、一人一人の生徒さんに対するケアも丁寧だなと感じました。私は疑問を感じれば解決せずにはおれない性格なので、すぐにメールで先生に質問したり、不安を感じたらメールや電話で相談させていただきました。かなりしつこい生徒で、ご迷惑をおかけしましたが、親切に対応していただいたこと、本当にうれしく思っております。有り難うございました。

BACK NEXT