受験者( 11 ):男性

backnext

試験官

<試験官A>

40代位の米国人(アジア系)と思われる男性。愛想のいい感じで、時々笑顔が見られた。はっきりとした分りやすい英語を話された。

<試験官B>

40代位の眼鏡を掛けたインテリ風の日本人女性。穏やかでやさしい雰囲気でした。最後(5番目)の質問をされただけでした。

質疑応答

(とにかくガイドになった気分を自分に言い聞かせて入室した)
Hello!

Hello!

(カバンをどこかに置こうとしたら)

Please put your bag on the desk behind you.

Thank you
(と返事をして、カバンを置いた。そして席に着く)

Your name please, and where are you from?

My name is ......... I’m from ........ City, ........ Prefecture.

How did you come here?

From my house to my nearest Shinkansen Station, I drove my car. Then, I took the Shinkansen to Hakata. It took me two and a half hours in all today.

I see. Please introduce yourself briefly. (簡単に自己紹介して下さい)

Yes. Thirteen years ago when I retired from my company, a machine tool company in Hiroshima, I wanted to engage in some job related to using my knowledge of English. When I was working as a mechanical engineer, I had a lot of chances to speak English with foreign customers, especially from Asian countries. But in those days, it was very difficult to find a new job due to the business recession. Then, I happened to find a very interesting newspaper article reporting that a group of Far East POWs and bereaved family members from Britain would come to Hiroshima as part of Japan-U.K. friendship activities. I volunteered to assist them, taking them on guided tours in and around Hiroshima. Since then, I have continued this volunteer work for the past 13 years. Thank you.(これまでやってきたボランティア活動の一端を1分近くしゃべった)

Your English is very good!

(と試験官に笑顔でほめられ、緊張感が緩み、ひと山越えたと思った)
Thank you. (と私は感謝の意を伝えた)

Now, I’ll ask you some questions about Japan. In Hokkaido, there is a famous ski resort which many Australians visit. Where is it?

(ニセコという名前がどうしても思い出せない。昨年の<英語第2次試験直前対策セミナー>のテキストに出ていたのに、復習不足だ!???代わりに補足的な説明をした) I’m sorry I cannot remember the name of the resort. But I know it is a very famous ski resort in Hokkaido. The resort is famous for its dry powder snow, and it is very popular not only among Japanese people but also among Australian skiers.

Then, do you know any good ski resort in Kyushu or in the Chugoku area? (九州または中国地方でいいスキー場を知っていますか)

(九州で有名なスキー場は聞いたことがないので、中国地方で有名な大山スキー場について返答した) Yes, there is a famous ski resort in the Chugoku area. It is on Mt. Daisen, the highest mountain in that area, it is very famous for its powder snow. It takes three hours from Hiroshima by train.

OK. I’ll remember the name. (と返事をされ納得された様子だった)

Next question. Samaurai always carried two swords. Why were they carrying two swords?

(意外な質問だったが、外国人から見たら素朴な質問かもしれない。子供の頃、よくチャンバラの映画を見ていたので、とっさに次のように説明した) A samurai usually used his long sword for fighting with his enemies, while as to the short one, he used it to kill himself, or commit suicide by cutting his abdomen, so-called harakiri. This sometimes happened when he was driven into a corner or he was in a desperate situation. (少し、ジェスチャーをまじえて説明したら、笑いながらうなずいてくれた)

OK. Who is the most famous foreigner who came to Japan in history?

(江戸幕末の頃、黒船の来航が当時の日本人の度肝を抜いたことを思い出して、ペリー提督のことを述べた) It is Commodore Perry. Toward the end of the Edo period, many ships came to Japan from abroad. The arrival of the black ships of Commodore Perry from the United States is very famous.

My questions are that’s all. Any question? (と言われて試験官Bの方を向かれた)

If I left my camera in the Shinkansen, what should I do?

Oh, don’t worry! First, you call the Shinkansen terminal station Tokyo, or Hiroshima, or Hakata. The train conductor will immediately look for your camera, and your camera will return to you safe and sound. Japan is the safest country in the world, so please don’t worry! (と調子よく言ったら、笑っておられたが、後で自分がツアーガイドであることを完全に忘れていたことに気がついた。“私はあなたのツアーガイドですから、カメラのことはちゃんと面倒を見てあげますよ”と言うべきであった)

All right. That’s all for today. Thank you.

(私も) Thank you (と言って席から立ち上がり、二人の顔を見たら笑っておられたので、お辞儀をして退出しようとドアに向い、振り向いたら、笑顔でBye-bye と言われたので、こちらも Bye-bye と言ってまたお辞儀をして退出した。私の方は丁寧にGood-bye と言うべきではなかったかと、反省している。私は最後の時間帯のグループ(15人)の最後の受験生であったようだ。何故なら試験官Aは私の後ろの壁に掛かっていた時計を何回も見ていたようで、予定時刻から遅れていたのではないかと思う)

受験の感想

質問は全部で5問だった。突っ込んだ質問はなかった。面接室へ入室する直前と退出直後までの時間を計ったら9分10秒だった。従って、少なくとも8分間は会話をしたことになる。しかし、5分位にしか感じられなかった。質問のヤマが外れたと思っても、あわてる必要はない。自分の人生経験と瞬発力(とっさのアイデア)で乗り切れるものもある。ハローの<英語第2次試験直前対策セミナー>に2年続けて参加していたので、あまり緊張感はなかった。植山学院長のメッセージである「ツアーガイドになったつもりで、出来るだけ笑顔で、ゆっくりとはっきりと発言しなさい」を何度も聞いていたので、メモ紙に書き、胸のポケットに入れ、入室直前まで目を通した。

ハローの講師、授業内容、教材、その他(メルマガ、ホームページ)についての感想

(1) 邦文は日本地理のみの受験だったが、思い切ってハローの<基礎から体系的に学ぶ 72時間マラソンセミナー>を受け、万全を期した。1次試験の勉強は、あまりあれこれ迷わず、ハローの教材1本で集中してやれば勉強の効率も上がるし、間違いないと思っている。

(2) 2次試験は、今後は<英語第2次試験直前対策セミナー>を最後の1ヶ月間に3回やっていただけたら、かなりの度胸もつくし実力も上がると思う(私のような遠方に住む者は<英語第2次試験対策模擬面接クラス>のような通学クラスには参加が難しいので)。

BACK NEXT