試験官

【外国人試験官A】

アメリカ人男性。30代。なまりのない英語だが、声は小さめで静かな感じ。やさしい感じ。知的な感じもした。

【日本人試験官B】

現役のガイドと思われる。しっかり観察していた。フレンドリーという感じではなかったので、緊張感があった。

質疑応答の内容

(入口前に案内されてしばらく廊下(部屋の前)に椅子に座って待っている。中から外国人男性の声が聞こえてくる。結構早口。「前の人大変だな…。受験生の声がしないなあ…どうなっているんだろう」と、どんな質問がされているのか耳を澄ませていると、入口の扉が開いて、日本人中年女性が「中へどうぞ」と話しかけられた。「そうかさっきまで、先の受験者の評価について2人で討議していたんだな…」と思った。「荷物をここにおいてください」と英語でいわれて、荷物を入口付近にあるテーブルに置き、面接用の椅子に座った。ついさっきまで評価を厳しく真剣にしていた様子がまだ部屋の中の空気として漂っていたのを感じて、ここは元気よくいかないといけないと思いつつ、2人に向かって)

Good morning!

Nice to see you. How are you today?

I'm fine, thank you.

That's good.

Please tell us your name and where you live.

My name is ......... I live in ......... city, Hyogo Prefecture.(ハローの個人直前レッスンで「名前はゆっくり言うように」とのアドバイスがあったので、ゆっくり丁寧に住所も言った)

Is Hyogo your hometown?

No, it's not. I was born in Kobe, but since I work for an insurance company I moved around Japan.(「兵庫や関西の話になると困るなあ、よく知らないし」と思って、予防線を張ったつもりだった)

How far is it from here?

It takes about an hour by train from here.(「住んでいるところの話からいつ本題に入るんだろう」と思っていると、 他にいろいろいわれたあと)

Kobe is good for tourists to visit? What do they have? What do you see in Kobe?

Kobe has a port and there is a large commercial complex ....(旧居留地のモザイクショッピングモールのイメージでshopping complexというつもりがこう言ってしまった)and there's Mt. Rokko.

OK. I want to visit some historical places in Kobe. Where do you recommend?

Well, it's not in Kobe but there is Himeji Castle near Kobe.

(うなずいているのが見えた)

(姫路城を引き出せたのがうれしかったのか)I don't know about Himeji Castle. What's so special about the castle. Please tell me about Himeji Castle.

It's one of the most beautiful castles in Japan. It is called "Egret Castle," because it has white plastered walls and the castle looks like a white egret.  And it is an original castle. It's not like a museum inside.

Oh, original? What do you mean? What about other castles?

Most of the castles in Japan have been rebuilt and they are not original.

When was the castle built?

It was built 150 years ago.

So it's a new castle?

Yes.(←しまった! 150年前というのは明治維新だ! 明治維新ばっかり気になっていたので、姫路城も江戸時代だから、150年と瞬時に無意識に出てしまった。またこの間違いに気づいたのが試験終了のころだった。面接官があえて「ずいぶん新しい城なんですね?」とせっかく言ってくれたのに自信満々にYesといってしまいました。あー)

(いろいろ言われたが)So, you mean it would be a waste of time if I visited Osaka Castle?

Well, it depends on how much time you have. Most of the castles are not original but Osaka Castle is one of the most famous castles in Japan, so ....(大阪城といえばそれでも関西地区での目玉の観光資源であるし、そう大阪城をけなしてもいけないし、「ツアー客に『時間の無駄か?』と言わせたのはちょっとまずいよなあ」と後悔しながら、続けていた。自己紹介のつもりで、いつの間にか「第一問」に入っていたのか、ずいぶん前段が長いなあと思った。姫路城の話を自分から振って、自信満々に姫路城の話をしてやろうと思っていたら、意外なことに大阪城〔30年以上前に小学校の時に親に連れて行ってもらったきりで、中がどうなっているのか正直知らない!〕の話や姫路城の歴史の話になるなど関連質問の応酬になり、「はやく次の話題に行こうよ〜」と思った。よく知らない大阪など関西のことはこの8月に引っ越ししてきて、しかも通訳案内士試験勉強で週末は忙しく関西観光の時間がなかった自分にとって嫌な展開だった。ここで、ようやく「城」の話が終わった。「やれやれ…」と思っていると今度はもう一人の試験官が口を開いた)

Supposing that you are leading a bus tour as a tour guide, and the bus is stuck in a traffic jam. A woman says that she wants to go to a restroom. It will take about 20 minutes to reach the next destination. And she says she can't wait for 20 minutes. How do you handle this situation?

Well, if the bus is not on a highway, we can stop at roadside and find a toilet in a park. I talk to a bus driver and ask him to stop a bus on the roadside if there are any public toilets in a park. Or I would ask her to wait for the next destination.

(道端に寄せて、公園のトイレを借りるという当たり前の提案を全く予期していないかのように)A park? You mean a small park? (「スモールパーク」といったかどうかはっきり覚えていないが) If there's none, and she says she can't wait?

(そうか、求めている答えが違うんだな…。どうこたえてほしいのだろうか? 「普通はOh, OK.とか、ここはさらっといくんではないの?」と思いながら、となりの外国人試験官の様子も伺うが、やりとりをじっと見ている。諦めて必死に考え、だからこうでしょと開き直っていう)Well, then I would ask the driver to stop by anywhere possible such as convenience stores or hotels.(Aがうなずくのが見える。そうしたらBも納得したのかこのやりとりは終わった。バスの話だから、ハローでやったし、ラッキーと思ったが、こういう展開になるとは・・・けっこうタフな質問だった。いまでもどういってほしかったのかわからない。内容よりもどういう態度で観光客と接するのかを観察していたのかもしれないと思った。どうこたえていいかわからなかったし、普通バス観光でトイレに行きたくなるケースで子供じゃないんだし我慢するよなあ…。「我慢してくださいね」とあっさりいい放つことにしようかとも思ったけど。BがさかんにShe can't wait とかいうし…。急病人でもないわけだし、なんなんだろうこの質問は…と本気で悩んだ。これで第2問が終わった。2問しかやっていないけど結構重いしんどい展開だ。ハロー個人レッスンを2回やったけど本番は全然違うなあ、なんか調子が狂うなあと次は何を聞いてくるのかと身構える。フレンドリーに談笑するイメージでできないなあ…と思う)

The other day I went shopping and saw a figure of a cat in front of some shop. What does it signify?

It's called Maneki-Neko, in English “a welcoming cat beckoning and bowing.” It attracts and welcome guests .... It is a traditional welcoming cat.

Oh, I see.(うまく答えられたかなと思っていると)Are there any other figures than cats(which a shop displays とか言ったと思う)?

I don't remember ....(うーんなんだろう?考えていると)

Only cats?

Yes, I think so. But maybe, photos welcoming guests are shown in front of a shop.(とりあえず写真とかいってみたものの、どんな写真か説明できないし苦しい。他の動物でなんかあったかな? 思いつかない)

Oh, photos. So it's not a figure.(これでこの問題はおしまい。しかし、関連質問なのに、こちらが答えるのに窮しているのに先に行かないでずっと回答を待っているんだなあと冷静に様子をうかがいながらも、他のものを思いつかない自分を責めた。冴えないなあ・・・これも1問目からの展開から流れが悪いなあ、と半ば呆れる)

Please tell me about Bunraku.

Bunraku is a puppet theater. It's a doll manipulated by three or four people.

You mean a small doll? (Aは「こんな感じか?」と手で大きさを示す)

Yes.(なんか小さいなあとも思ったが、実際に文楽を見たことがないし、まあそうだなと思ってうんうんと頷いた)

Why are as many as three people needed to manipulate a single doll?

Because each person moves a different part of the doll. The main person holds the body and the other two move foot and hands.(ハローでやったなあ、でも細かくは覚えていないし、3人だったなあ、でも誰がどこを動かすか覚えていないなあ。しかし、今日はそろそろラストの質問なんだろうけど最後は「文楽」か、マニアックだな・・・と心の中でぼやく)You are not supposed to see people behind the doll.

Is it traditional culture or modern? When did it originate?

I think it originated in the Edo Period.

Where does it originate from? Tokyo or Kansai?

It originated in Kyoto or Osaka.

Where can I see Bunraku in Kyoto?

I don't know the name, but you can see it in Kyoto. There is a national theater.(国立劇場みたいなものがあるんだろうとあてずっぽうで答えた)

Oh, a national theater. I want to go and see them after this interview today. (「この試験が終わったら、行ってみよう」みたいなことをいわれた) So we are finished.

(最後は時間もかなり経ったのかあっさり終わった感じがした。けっこう長かった)

Thank you.

受験の感想

全体的な感想としては、次の質問にどんどんテンポよく行くというより、じっくり聞かれた感じでした。説明が足りないから、フォローアップQuestionsが多かったのかもしれないです。こうして原稿にしてみると片言でしか回答できていない自分を客観的に見ることができた。ハローの2007年、2008年版2次試験レポートを読ましてもらって試験に臨んだが、実際こうして自分が受けた試験を思い出して書いてみると意外に書けないというか、やりとりはなんとなくしか覚えておらず、試験官がどういう英語で聞いていたか、また自分がどういう英語で回答していたかを正確に思い出せない。だから、あれだけきっちり原稿が書けているということは裏返せば、合格できるだけの水準に達している(冷静にリスニングができていて、speakingができていて、という6つの評価項目を満たしているということ)になるんだと思いました。自宅に帰って、インターネットで京都の文楽が見れる劇場を調べたら、大阪には国立文楽劇場があるが、京都には文楽専門のものはないようだ。そういえば文楽は大阪発祥であった。それから、姫路城の建築年の質問であるが、明らかに150年前ではないのだが、緊張していたのか、試験終了までに訂正できるチャンスを逃してしまった。招き猫はハロー300選にあるが、「熊手」はなかった。「熊手」を思いついていればなんとか説明したとは思うけど…。2009年の総選挙、政権交代、リーマンショック以降の景気低迷など、政治経済関連質問や毎度おなじみの明治維新や日本歴史上での重要出来事の質問や、どうして通訳案内士になりたいのか、といった質問が全く聞かれずで大きく予想と外れた。個人レッスンや直前セミナーでの鍛錬など頑張ったが、試験本番の様子とちょっとGapがあった感じで、かえって先入観が入って、もう少し客観的に見つめなおす時間も必要だったかもしれない。いずれにして、2009年4月開講コースからハローでお世話になった。1次試験合格を信じて、8月末からすぐに2次試験対策をはじめ、3ヶ月間できることはすべてした。人事を尽くして天命を待つ心境には至らなかったが、緊張感をもって合格発表を待つ楽しみがまたひとつ増えた気がします。合格していたとしても、通訳案内士としてやっていくにはまだまだ鍛錬を積まないといけないと覚悟を新たにしたそんな一日でした。ハローの植山学院長はじめ先生方、スタッフのみなさんありがとうございました。

ハローについて

ハローなくして、ここまで短期間で合格はないと断言できます。学院長はじめ、先生方、スタッフのみなさん、生徒も合わせてハロー家族はこれからもがんばっていってほしいです。情報収集、分析が命かと思います。そのためにも生徒として感謝をこめて情報発信させていただきます。合格してからも、将来お世話になるかと思います。頼れるハローでいてほしいです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • next
  • back
next back