試験官

【外国人試験官A】

40代のオーストラリア人女性。穏やかで優しい感じだが、一部英語が速く聞き取りにくい箇所もあった。

【日本人試験官B】

50代の日本人女性。始終笑顔で親しみやすい感じだった。自分の名前をゆっくりと紹介してくれた。

質疑応答の内容

(参考までに、私の受付番号2-6の6は、この時間帯の最終順位を意味する上に、さらに私の前の受験者も含めて他室の受験者よりもかなり遅れ気味で、難問でも出されているのかと思い、次第に心配になってきた)

(ドアを開けて)どうぞ。

(一礼をして入室した)

Good morning.

Good morning.

Please put your bag and coat on the chair.

Which chair should I put my belongings on? (空いた椅子が2つ並べてあったので)

Either will do. Please have a seat.

Thank you.(椅子に腰掛ける)

Did it take you a long time to get here?

Not so long. It took me about one hour.(実際は1時間20分位かかったのだが、スムーズに到着したので、ついうっかり短めに答えてしまった)

How did you come here?

I came here by train and on foot.

May I have your name, please?

My name is ........

Where do you live?

I live in ........ city in Hyogo Prefecture.

So do you know Kokoe in ........?

Sorry, I haven't heard of that name.(実は自宅に帰ってからその名を思い出した。それは、先月オープンしたショッピングモールだということを。少しあがっていたのとKokoeの発音が聞き取りにくかったので、その時はピーンとこなかったのである)

All right. I'd like to ask you some questions. How big is Japan?

It's about three hundred and seventy thousand square kilometers (後で調べてみると現在は造成などで増えている。約38万平方キロメートルというべきだったかもしれない)

(話さないが、盛んに評価のためのメモを取っているのが分かる)

What country is as large as Japan?

(とっさに、同サイズの国が思いつかなかったので)I hear that England is about two-thirds as large as Japan.

Do you mean including Scotland?

Sorry, I mean the United Kingdom, including Northern Ireland.

All right. I'd like to see a Sumo match. Where can I see it?

The Grand Sumo tournament is held in November, and today is the last day of the tournament. It is held in Tokyo.(実際は九州場所というべきだったが、この1週間新聞やテレビも見ていなかったため、うっかり思い違いをしてしまった。やはり、忙しくても少しは社会のことに目を通すゆとりを持つべきだったと反省した)

It's quite far. I can't go there soon. OK, anyway, I wonder which show I should see, Kabuki, Noh or Bunraku?

I recommend you see Kabuki first, because Kabuki is much easier to understand and more entertaining for beginners than Noh or Bunraku is.

I see.

(「予定の時間になった」という意味合いのことをAにささやく)

Thank you. Nice talking with you.

Is that all? (意外に短く感じたので)

Yes, time flies! Have a nice day.

Same to both of you. Thank you very much.

(最後にドアの前で一礼して退出)

受験の感想

昨年よりも面接官との距離が近かったように感じた。また、昨年は男性2人で、しかもネイティブの早口がやや聞き取りづらかったのに対し、今回は、女性2人で、しかもお2人とも極めてソフトタッチな話し方をされていて親しみやすかった。また、今年は多くの設問をぎりぎり当日まで復唱し続けてきたことと、ある程度まで答える内容については自信もついてきたので、昨年に比べ、かなり落ち着いた気持ちで臨めた。たまたまなのだろうか、私には心配していたような難問は出ず、時間的にも短くあっけなく終わったように感じたので、Is that all? などと聞き返したくらいだった。もしかしたら、試験の実施が遅れ気味だったことで試験官側も焦っていたのか、それとも寒い中で受験者をやや待たせたことなどを気にしていたのかな、などと思ったりもした。しかし口頭試験の時間は公正に守られたはずで、時間オーバーをしなかったということだろう。いずれにしても、私にとっては何かしら偶然幸運に恵まれていたように感じた。後は幸運の女神がどうか微笑んでくれますようにと願うばかりだ。

ハローについて

ハローの講師、授業内容、教材、メルマガ、ホームページなどについては、いずれも一流で申し分ありません。ますますのご発展を祈念しております。

  • next
  • back
next back