試験官

【外国人試験官A】

30才前後で、おそらくフランス人男性。(フランスと日本の習慣の違いを質問なさった際の印象から、フランスの方かなと私は思いました)優しい雰囲気で、感情の起伏を抑えて淡々と質問するタイプで、くせのない聞き取りやすい英語でした。

【日本人試験官B】

50代の通訳ガイドの女性。この方との問答の中で、しっかりとしたキャリアをお持ちの方という印象を受けました。特に笑顔で和ませてくださるとかいうことはありませんでしたが、質問なさる時も答えを聞く時も、誠意が感じられました。

質疑応答の内容

日本人試験官Bがドアを開け、

Please come in.

Thank you. Hello.

Put you bags here, if you'd like.

Thank you.

And please be seated here.

Thank you.

May I have your name? And please tell us where you are from?

My name is ......... I'm from ......... city, ......... Prefecture.

How are you feeling this afternoon?

I was nervous in the morning, but now I'm excited about taking this exam.

Oh.(「I'm excited」で好感を持たれたのか、意外だったのか、「そうですか」という表情が見えた)

Now I will ask you some questions. You are a guide of a group tour. At one place, you gave them free time, but one person has not come back in time. What would you do?(うろ覚えですみません。グループツアーの途中でお客様に自由時間をとったところ、集合時間に一人だけ戻ってこなかったと仮定します、という設定でした。以下も含め、試験官の英語はもっときれいでした)

I would ask the other members of the group if anybody is his/her friend or family, and if they know any place that person might be interested in, and then I would check that place. But basically, I will wait, because, if we move around, that person would be completely lost.

But you have only limited time. How long can you wait?(ツアーはまだ残っていますよね、という状況説明をもう少しして下さいました)

I will wait for fifteen minutes.

(納得した様子)

In France, people take a long vacation. But Japanese don't. Why is that?

One of the reasons is group mentality of the Japanese. Japanese people would feel bad to others, if they made their colleagues busy because of their absence at the office. Another reason has to do with a Japanese custom. Japanese people are used to taking a vacation during the Obon,(Obonという言葉に「?」という表情をされた気がしたので若干説明を追加)which is a Buddhist holiday in mid-August, and during the New Year holidays. So other than those periods, we tend not to take a vacation. It's our custom.

(まあよいか、という表情)Could you tell me popular sightseeing spots in Japan for Japanese?

(Popularのあたりから聞き逃した感じだったので)Excuse me?

Could you tell me popular sightseeing spots in Japan for Japanese?

Oh, for Japanese.(2秒ほど考えて)In Tokyo, some new commercial facilities such as Roppongi Hills or Omotesando Hills are popular. And Tokyo Disney Resort is still popular among young people,(期待していた答えと若干ずれているなあ、という表情が見え、これは観光地ではなかったかと思い、切り口を変え)but as a sightseeing spot, Kyoto is very popular for Japanese.

(納得した様子)What is the difference in food between Tokyo and Nara?

Actually, I moved to Nara from Tokyo this January. In Tokyo, you can eat almost anything you like, as long as you are willing to pay. In Nara, we don't have that many kinds of food available, and we don’t have as many restaurants as Tokyo does, of course. But I think Nara has a richer variety of fresh, local foodstuffs.(食材そのもの、と言いたかった)

Hmm, how do you like Nara?

Well, people are kind, easy to live with.(つきあいやすい、と言いたかった)Nara is quiet, and the air is much cleaner than in Tokyo.

Do you miss Tokyo?

Y... yes, I do. Because most of my friends are in Tokyo. But I have the internet access, and I can e-mail them. I can communicate with them easily.

Well, that's the end of the question. Thank you.

Thank you. It was pleasure to meet you.(試験官Bに対しても)Thank you very much.ドアのところで振り返り会釈して退室。

受験の感想

受験票を紛失していたので、念のため受付時間の30分以上前に到着して再発行していただきましたが、14: 15〜14: 45受付の受験者は既に2人来ていました。早めに着いたら受付控え室で勉強できるということが、行ってみてわかりました。受付控え室(大学の広い教室のよう)で面接グループが決まり、面接階の控え室に全員移動、面接グループ9人ごとに直前控え室に移動、前のグループの面接が終了すると、この9人が各面接室前に一斉に案内され、試験官から声がかかるまでドア近くの椅子で待つ、という段取りでした。面接室から英語の話が聞こえ、面接中かと思っていたところ、ドアが開いてすぐ「どうぞ」と案内されたので、緊張が高まる前にすーっと始まりました。これがかえって良かったと思います。振り返ってみると質問は5問ありましたが、会話の流れにのって話が進んだ部分もあり、3問くらいに感じました。また時間も短く感じました。面接対策の勉強の中で正しい文法を意識して答えを作るようにしてきたつもりでしたが、本番では、しゃべり慣れた「文法二の次」英語になってしまいました。面接対策の勉強としては、時間帯別過去3年間の問題に自分で答えを作りました。と言っても、全部ゼロから英作文したわけではなく、Wikipediaなどで情報を仕入れ、日本語文をまとめてから英訳したものもあれば、外国人向けの日本ガイドのサイトから拝借してちょうどいい長さに編集したものもあります。毎日少しずつしか進みませんでしたが、テーマごとにじっくり考え、英語の表現力を鍛える練習になりました。特に志望動機については、前日まで何度も練り直しました。面接日の数日前には、ようやく模範解答にも目を通す余裕ができましたが、表現の違いが参考になりましたし、自作の回答にも自信が持ててよかったと思います。結果として、面接の場でも落ち着いて答えをまとめることができたように思います。

ハローについて

模擬面接で、最初の答えに自信がないと、ついつい「それから…それから…」といくつも言いたくなるが、一つのことを説明し終わったらそこで切る、と指摘していただきました。とても参考になりました。

  • next
  • back
next back