受験者( 73 ):男性
BACK NEXT
 
待機場所の案内係の女性が、「それでは次の方、入室下さい」と指示されたので、ノックして入室した。
Good morning.
B:Good morning, please put your bag on the table there.
Thank you very much.
A:Good morning, have a seat, please. First, may I have your name please?
Yes, my name is ....
A:And, where are you from today.
I’m from YYY city, very close from .... city, only 50 minutes to get here.
A:How did you come here?
Well, I decided to walk today to the nearest railway station. It’s about 15 minutes, and took the Hankyu-line, arriving at Shi-jo station, and then got the subway from there.
A:Do you often come to Kyoto?
Yes, very often, because I have a lot of interests in having a conversation with foreigners, so I have sometimes taken an English exams like TOEIC, STEP, and other qualification exams in English.
A:What is your favorite place in Kyoto?
Well, I think it is very curious, but my favorite sight seeing place in Kyoto is very close from here, Daitoku-ji temple. Daitoku-ji temple is a very large temple, but there are many small temples in it. One of them is Koto-in temple. I happened to visit there in last May, but the entrance was very, very beautiful, I mean the greenery was so refreshing then. So, I recommend you to visit there.
A:How can we go Mt. Fuji from Tokyo?
Well, I think there are sight-seeing bus services from Tokyo, say, in front of Tokyo station, and from there you can reach to the 5-th height of the mountain.
A:How do you climb to the mountain?
One of the main objectives is to see the sun-rising from the top of the mountain, so we usually start climbing up the mountain at about 12 o’clock PM, and reach the top before the dawn. The sun-rising from the cloud sea is very beautiful.
A:When is the best season to climb the mountain?
I have been to there 2 or 3 times, but I think the middle of July is the best season.
B:How long did it take to get to the top?
Well, for an adult, I think it’s 3 hours and half an hour.
B:Very fast.
A:How about your case?
It took about 4 hours, because I had to take care of elderly peoples, I mean it was not my private trip.
A:Next question. Apart from Samurai, what kind people lived in Edo period?
In those days, there was some kind of ranking system of people. The top rank is Samurai, the second is agricultural people, the third is mining people and craft men, and the lowest is merchants. That system was beneficial for Tokugawa shogunate.
A:How often a Japanese takes a bath?
Well, I think a Japanese is very clean, so everybody takes a bath almost every day, I guess, except me, because I take it every 2 days. (試験官A頬笑む)
A:OK, thank you very much.
Thank you very much.
一礼して、入り口の机上のバッグを持って退室した。ドアがガチャンと音を立てないようにゆっくりと閉めた。私の口述試験時間は約7分間でした。
【感想】
ハローの2次試験対策テキストや、タイムリーに送信して下さるメルマガにより2次試験の雰囲気を予測しておりました。確かにそのとおりの進行でした。ただし今回の試験では、1次合格者がかなり多かったようなので、面接官は2名(Native Speaker,多分アメリカ人、それと日本人の中年女性)でした。試験の詳細は近日中に報告いたしますので、ここでは感想のみにとどめます。
(1)私の場合、日本の地理、歴史、それに文化の知識を問われる質問は予想していたほど多くはなく、むしろ、誰でも答えられ、決して絶対的な正解がないものが多かったように思います。多分、受け答えの的確さと相手に気持ちよく受け入れられる会話・説明能力を試していたのではないかと考えております。
例:日本人はどのくらいの頻度でお風呂に入りますか?
東京から富士登山にでかけたいのですが、どのように行くのがよいですか?
あなたにとって京都でお気に入りの場所はどこですか?
(2)私の受験グループや隣のグループともに、同じ時間帯に3名が割り当てられました。試験時間を測定したところ、5分〜7分/1人といったものでした。待機している間、試験のやりとりが外へ漏れることはないように配慮されておりました。
(3)自然な流れの会話となるように工夫されていました。これは、試験官のアドリブによるものかもしれませんが、事務処理的に用意された質問をひとつひとつ行うというパターンではなくって、ある質問にたいしある回答をすると、その回答へ別の質問がなされるといったように、臨機応変に応対できる能力も見られていたような気がします。
例:質問1:東京から富士登山にでかけたいのですが、どのように行くのがよいですか?
質問2:いつ、富士登山をするのがよいですか?
質問3:そこ(新5合目)から山頂へまで登るのに、どのくらいの時間を要しますか?
(4)主に質問をするNativeの方は、相手に聞き取りやすいように、やや遅めにかつ日本人に聞き取りやすい発音で質問されているようでした。
(5)いずれも質問自体は短いものですが、単純に(あるいはぶっきらぼうに)結論だけを答えるのではなく、その理由や補足的な説明を求められているような気がしました。その理由、補足説明を試験官から引き出されるのを待つのではなく、回答時に含めることが試験官の心証をよくするのではないかと思いました。つまり、回答のストーリーを自分なりに作って対応することが求められているのではないかと思いました。
以上

 

BACK NEXT