受験者( 85 ):男性
BACK NEXT
 

Good afternoon.
A,B:Hello.
May I take off my coat? ( 待たされた廊下が寒かったのと、コートを着たまま入るのは無礼ではなく、話すきっかっけになると思ったので着たまま入室)
A,B:Sure. Have your seat
Thank you.
A:May I have your name?
My name is .... Please call me ....
A:Where are you from?
I'm from .... city in .... prefecture, its very famous for .....
A:Iknow there, does it have garden and pleasant facilities?
Yes it has very beautiful garden.
A:Have you ever visited there?
Yes, I visited there many times with my children.
A:I have several questions for you. How do you write Japanese? Do you have some type of letters?
Yes, we have three types of letters. The first one is Kanji, they are Chinese letters and each letter has its own meanings. For example my name literally means health or healthy. (両試験委員は頷いて聴いてくれている)The second letters are hiragana, They are simplified from Chinese letters, phonetic and cursive. The third one is Katakana.(ここで 角張ったという単語に詰まってしまった。昔のゴジラ対アンギュラスの映画で、背びれの尖った、という風に3日前に覚えたばっかりなのに…。身振りで 直線的な,という風に示そうとしていたら、試験委員の日本女性が、「彼はangularと 言おうとしています」、とnativeの試験委員に小声で囁いて助けて下さいました。そこで試験委員A と私は 二人 同時に納得して、私は続けました)
They are phonetic and angular letters, we use Katakana for writing words from abroad, for example, computers, machines…like that.
A:(ところで、明治の時代になって人々の生活のなにが変わりましたか?というふうな質問に聞こえました。)
Yes people are banned to carry swords with them. Hair was cut, I mean their top knots, and the Constitution was made.
A:(そうですか、人を切ってもよかったのですか?刀を持っていたのですか?)
Yes, samurai had two lengths of swards, longer one is for fighting and short one is for kill himself, suicide.
(ここで、侍や切腹についての質問はなく、試験委員Aは私が述べた3点を再度自分で繰り返して言って,納得したような顔をしていたら、試験委員Bに次の質問の紙片を渡されて)
A:I'm going to hot springs, should I bring my swimming suits?
I recommend you bring your bathing suit, because there are many open-air bathes and when you get in those open-air baths, you need bathing suits. (これにも 一々納得してくださったようです。)
A:(ところで、お風呂に入る時に何か注意することはありますか?)
You are not supposed to soak your towel into bath.
A:For what?
To keep water clean.
A:(それはそうね。なかで体を洗ったりしたり、洗濯されたりしたら困るものね。)と納得して下さいました。試験委員Bも笑顔でした。
A:(ところで 寿司屋に行こうと思うのですが 日本の近海ではどんな魚が取れるのでしょうか?
Fish? (簡単だと思い)Sea breed, Young yellow tail…(他に何を言おうと考えていたら、そうだ!日本沿岸でと聞かれた筈だと思い、マグロや輸入魚はだめだし…と一瞬とまどったところ、急にフグを思いついてglobefishと言ったのですが 発音が間違っていたらしく(glove fishと言ってしまった)
A:(スペルを言って下さい。)といわれてしまった。
(そこで改めてスペルを言うと)
A:Oh, globefish. (でもそれは毒があって危険じゃないのかしらねえ?)と自問自答するような雰囲気でしたが、
Globefish is the best fish for Nabe in this time of year.(鍋について説明しようと思ったときに試験委員Bが 時間がきたように合図をされたので)
A:(じゃあこれでおしまいです。)
I enjoyed talking with you.
A,B:(笑顔)
( 試験委員Bに感謝の気持ちで 思わず )「ありがとうございました。」といって教室を出ました。
廊下にでてからは、面接の緊張からの開放感と(多少のとちりはあったものの)和やかに会話が進んだのとで自然に顔がほころんできました。無表情な、あるいは冷淡な試験委員に当たらなかった安堵感もあったのかもしれません。自然な会話の流れとしては自己採点ではよくできたと思います。これで駄目だったら自分の発音や 説明内容に不十分なところがあったということで より正確で、的を射た説明ができるように勉強が必要だということでしょう。

 

BACK NEXT