受験者( 20 ):男性

backnext

試験官

<試験官A>

Sub。日本人女性。5-60代と思える。笑顔一つない、厳しい印象。

<試験官B>

Main。外国人男性。(たぶん米国人)。3-40代。分かりやすい普通程度の速度のアメリカ英語。

質疑応答

ドアをノックし入室。

日本語で「荷物を置いてこちらへ」

Thank you.

Please tell me your name and where you are from.

My name is ........ I'm from ........ city.

What is ........ city famous for?

........ is famous for two things. One is that ........ used to be a major production site of tooth brush and they produced more than 50% of domestic production, but 3-4 decades ago, though. Now ........ is famous for Kawachi Ondo, local dancing and dance songs nationwide.

(Aに)"Do you know that?"

(Bに)"No, I don't."

(そこで、すかさず)It's local.

Do you know what Kawachi Nagano famous for?(と、とんでもないローカルな質問)

(ふと考えて)Towel?

No, it's tooth picks.

Oh, I see.

Now everything has moved to China.

Right.(と、うなずく。)

What period of Japanese history are you interested in?

I am personally interested in the early part of the Edo period and the last days of the Edo period.

Why?

It is because we had many battles which were epoch-making events.

What kind of events?

Tokugawa Iyasu established the feudal government in the early part of the Edo period, and before that, there were many battles. And, ...(と考えながら)before the Meiji Restoration, we had many epoch-making events between Tokugawa government and the Choshu domain and the Satsuma domain which were against the Tokugawa family.

You said "many battles". For what did the battles happen?

I mean, in order to develop Japan as well as the Western countries, the imperial court side tried to open the country.

What reason is a portable shrine carried for?

Most of festivals are dedicated to Shinto shrines and the soul of the deities are returned to the portable shrine during the festival.("temporarily"を入れるべきだったが。)So, to show it to people from domestic and even abroad, people carry the portable shrine.(と、訳のわからない応答になった。)

(Aに)I am fine. Do you have any other questions?

(Bに)No.

Thank you very much.

Thank YOU. とYOU を強調。(「ええ。もう、終わるのか?」と思ったが、おくびにも出さす、笑顔で席を立つ。荷物を持って、再度、Thank you very much for your time. By-by. と退室。

受験の感想

質問はわずか3つであり、この間4-5分。入室前の説明では「一人7分」とのことであり、愛想を尽かされたか...と思えなくもなかった。会場に受付開始の1時間前に着いたが、会場の中が暖房で暑すぎ、息苦しく、飲食禁止ともいわれ、この環境が最もハードだった。もっともこれは受験者全員に平等にだが...。上記の行間には出ていないが、あまりの暑苦しさで頭の中がボーッとし、普段の調子はでなかった。

ハローの講師、授業内容、教材、その他(メルマガ、ホームページ)についての感想

私は、去年不合格となった一次試験の英語を、今年は合格となったことに関し、ハローで学んだお陰以外に根拠を見出せません。(私はお世辞が言えない質です。念のため。)

おそらく、不合格の去年はほんの数点足らずの不合格で、合格となった今年はわずか数点上回っただけの合格と理解していますが、その数点の向上は、自力ではおそらく困難であったものと思い、ハローに感謝を申し上げる次第です。と申しますのも、大学卒業(32年前)後、米国に10数年生活し、ビジネスに実戦的な英語をある程度身につけたとはいえ、英語を体系だてて勉強したことはなく、また老化のきはじめた凍りついた頭脳では勉強の手立てさえなかったと思えるからです。また、いくら最前線の国際ビジネスに身を置いてはいても、例えば契約書の堅苦しい英語を知ってはいても、侘びと寂びを(日本語はおろか)英語で説明など到底不可能だったことであり、ハローの教材のおかげで、日本人としては本来知っておくべき常識を、改めてハローの教材のおかげで知り、日々、事あるごとに目を見張ることしきりです。

ほんのちょっとしたきっかけで通訳案内士試験のことを知り(去年、申込み期限の1週間前に知り)、ほんのちょっとしたきっかけでハローのことを知った(試験会場の道すがら)のですが、一期一会の人生の妙を知る思いです。

また、村山事務局長をはじめ、スタッフの皆様の笑顔やちょっとした会話が、勇気づけてくれたことも事実であり、郷講師と小野講師からうける授業や教材から得る知識はことのほか自信を与えてくれました。正直いって、私は今まで英語という言語は奥の浅いものとかってに解釈していましたが、実は思いのほか奥深い、味のある言語であることを知り、目から鱗が落ちる思いに至ったことも事実です。

これまで、モンゴル語(メジャー)、ロシア語、スペイン語、フランス語(以上4ヶ国語は、大阪外国語大学にて。あとの3ヶ国語は第3外国語として学習。第2が英語)、インドネシア語(ビジネスにて、ただし短期間)などを勉強してきましたが、まだまだ英語に勉強すべき点が多くあることを知り、これで満足せずに生ある限り学んでいきたいと思っています。

最後に、教材のなかの、郷講師による「図(図形)で訴える解説」は記憶に残りやすく分かり易く、小野講師の文法に関する授業解説は理路整然としており、今後とも忘れることのない財産になる、財産にしようと思っています。

なにかいいことずくめで、批判的なことひとつも言ってみたいのですが、残念ながら、私にそこまでの実力がないことに忸怩たる思いです。

以上、とりとめないことで申し訳ございませんが、上記が私のハロー、及びハローの教材・授業に関する印象です。

有り難うございました。

BACK NEXT