受験者( 29 ):女性

backnext

試験官

<試験官A>

40代ぐらいの男性。アメリカ英語で、ナチュラルスピードでした。とても明るい印象でした。日本に詳しそうで長くいらっしゃるのではないかと思います。質問は読み上げるだけでなく、ご本人がアレンジして説明を加えてくださっていたと思います。

<試験官B>

40代ぐらいの男性。旅行社の社員さんか、元社員さんの方のようなていねいなご様子でした。プロのガイドさんなのでしょうか。腰の低い、とても印象のよい方でした。

質疑応答

失礼します。Hello.

Nice to meet you. How are you?

礼をしてくださいました。

Nice meet you. May I put my bags here? …

Sure. OK. Fine. Nice to meet you. Would you give me your name?

My name is ........ .

Which do you like better summer or winter?(緊張を解くために投げてくださった質問だと思います。)

Oh, I like summer better.

I like summer, too. But he(=B)likes winter.

Oh, do you?

丁寧にうなずかれる。

Now, suppose we are tourists and you are a tour guide.(このようなことをもっとたくさんおっしゃいました。)And we are now in Todaiji temple. Please tell me about Todaiji temple.

Yes. Todaiji is one of the most famous temples in Nara. It has a large statue of Buddha. His hall, the hall of the large statue is the largest wooden structure.

OK. Todaiji temple has large colmuns. And, there is a large hole in one of the columns. Do you know the large hole?(ジェスチャーを加えながら。)

Oh, I'm afraid not…

OK. It’s OK. So forget about the Todaiji temple. Now we are in a bus. And the bus hit the(電柱?に追突して事故にあいましたというような内容をていねいに説明してくれました).And we are just waiting in the bus with nothing to do. What would you do as a tour guide?

I would explain what happened. And I'll talk about Nara history, or about deer. There are many deer in Nara. They are tame and you could feed them.... or I'd talk about something like that.

Oh, deer. Are they tame? Are they dangerous?(というような内容。Bに視線を向ける。)

はいはいという大人な感じでうなずく。

Oh, yes. They hit children sometimes.(Aと私だけ喜んで笑っていました。)

History about Nara seems interesting. Would you tell me more about the history of Nara?

Nara was an ancient capital from 5th century to 8th century….(うーん、あと何かあったっけかなーと思っていると)

Where did the capital move to next?

Kyoto.

So, why did the capital move to Kyoto?

Because an emperor wanted to avoid the power of Buddhist monks. Buddhist monks had a great power on the politics. So the emperor Kammu left behind the Buddhist monks in Nara.

I see. What they are doing by covering a straw mat around trees during the winter time?(何のこと?とぽかんとしていると、木の周りの毛布 blanket みたいなのがあるでしょう?見たことない?というような説明を丁寧にしてくださいました。)

Oh, I see. That is to protect the trees from cold.(というようなことをもう少し話した気がします)

All right. It’s interesting.(と言われたので質問と違う答えをしたのかなー、何のことだったんだろう、と思いました。)

Tokaido is a long street. Do you know that? And(東海道の説明をしてくださいました。)What is Tokaido gojusantugi?

Tokaido gojusantugi is a story. Tokaido gojusantugi is about humorous incidents along the road.(東海道中膝栗毛と混同していました。)Tokaido is a long road from Tokyo to Kyoto and Osaka. Along the street, there are many stops which have cafes, shops and inns. So travelers must have enjoyed during their trip.

Are they any dangerous?

Oh, yes. Sure. Sometimes it's really dangerous especially in the mountain.

It’s a little quick,(時計を見る)but this is the last question. Why did the shogun give back the political power to the emperor in the Edo period?

In 1867, the last shogun Tokugawa Yoshinobu returned his political power to the emperor. The Edo period was a very peaceful period, so the class, warriors had no job because of no battle. So, the feudal military government system was almost broken. And many foreign countries came to Japan and insisted Japan should open for trade with other foreign countries. Some provinces wanted to open the country.

「ちょっと、というかかなり早いけど終わりましょうか、いいですよね?」と日本人の方に英語でおっしゃいまして、So that’s all for today. Today I have some interesting information…というようなことをおっしゃいました。

Thank you for your time.

受験の感想

私は短文で脈絡なく質問されるのが苦手で、ネイティブの方が質問と同時に説明を非常に長くしてくださったので(残念ながら大半は忘れてしまい再現できていません)、質問が理解しやすく助かりました。想定外の質問も多かったのですが、自信満々で笑顔で話すよう心がけました。でも心の中では、時制がめちゃくちゃだ〜と思っていました。また、後で調べてみると間違っている内容が多くショックです。京都会場はすばらしい景観の中にあり、ちょうど紅葉のベストシーズンだったので、そのおかげでリラックスすることができました。

ハローの講師、授業内容、教材、その他(メルマガ、ホームページ)についての感想

全体に傾向と対策がバッチリなので最短コースで勉強できたと思います。「日本的事象英文説明300選」や単語などはコツコツと勉強できればよいのですが、ギリギリにならないと覚えられない性格なので、校内模試に向けて少しでも覚えられるのがよかったです。校内模試は記述の集中力を養うのに非常に有効でした。また、<英語第2次試験対策模擬面接クラス>は玉砕しましたが、受けておいてよかったと思います。また、試験直前のメルマガはたいへん有難かったです。

BACK NEXT