受験者( 38 ):女性

backnext

試験官

<試験官A>

地味なおとなしそうな30-40代の男の方でした。始めて試験官になったような、主導権もすべてBの方が持っていたような気がします。イギリス系か、ちょっとわかりません。

<試験官B>

年配日本人のベテランガイドという感じの女性で、英語の発音はあまりよくなかったです。恐い感じで、全然笑いませんでした。

質疑応答

呼ばれて入りました。

You can put your things on the sofa there

と後ろのソファーを指さされ、荷物をおいて立っていたら、please have a seat と言われました。

Please introduce yourself と言われたと思います。

My name is ......... I'm from ........ city, it is located just between Osaka and Kyoto.

What can you see in ........ city ?

と聞かれ、何もないのでとっさに。There is nothing to see.(笑)Actually it is a bed-town(和製英語と気づき)that means people there commute to Osaka for work. But not too far where I live, it is not in ........ city, but there is Iwashimizu Hachimangu which is an old historical shrine. We are lucky to have this.(岩清水八幡宮がでたときに、AもBもうなずき、納得したかんじなので、ホッとしました。........市ではないのですが、、、。)

I am going to ask you several questions. When you take the tourist to Meiji Shrine, what do you talk about?

(緊張感も絶頂で、いきなり東京のことだったので、一瞬どうしようと悩みましたが、)Meiji shrine, well,,,. This is located in the center of Tokyo and this enshrines Meiji emperor who made a great work called Meiji restoration.(1868年と年号を入れ忘れました。)After his death this was built. This shrine is one of the biggest shrines in Tokyo and when you go out of this shrine you will soon find the Yoyogi park where sometimes young girls wear costumes.(Aが興味深く笑いました)Foreign people must be amazed because this is really Japan where you can see old traditional thing such as this shrine and new sub-culture which is very modern at one time at almost the same place. The contrast is quite interesting to see.(A,Bともにうなずいてくれてました。)

Which historical period are you interested in?

I am interested in Azuchi-momoyama period. It is the warring state period which last one hundred years. At the moment Japan was open to foreign countries so we had an influence from western countries.(鉄砲の英語がgunsでいいのかどうか自身なかったので、ここは軽く流しました。)This period is interesting because the culture was quite developed in this period.(無理やり、得意分野のお茶文化の説明にこぎつけました。)Sen no Rikyu, a great tea master set down the form of tea ceremony. He settled the ideas of aesthetic called Wabi and Sabi. That means subtle taste and elegant simplicity. Not only in the field of tea ceremony but also Ikebana - flower arrangement, calligraphy, ceramic, architecture as well, these ideas influenced whole art forms and crafts in Japan. Of course this idea was based on Zen buddhism but on the other hand the culture was influenced by western countries which deepen the art particularly at this period.(お茶文化にキリスト教がかかわりがあることは、内容が深すぎてそこまで詳しく説明できませんでした。)So I can say it is florence(仏語が出てしまったが、flourishの意味)time which was very important in the Japanese history.

Now I am going to ask you about alcohol.(と嬉しそうに言われ)What's the difference between Sake and shochu?

(これはハローの教材の内容がほとんど頭に入っていたので、自信ありげに説明できました。)Sake is a fermented alcoholic beverage while Shochu is a distilled one. Sake is made from rice and foreign people think that it is very strong but it is usually around 15% degree which is almost the same as wine. Shochu is made from rice, sweet potato or also buckwheat. Each local area has different type of Shochu and sometimes they drink it with soda. It is easy to drink and shochu is an enjoyable drink with friends. (価格が酒よりやすいという表現をし忘れていました。)People drink sake on more formal occasion, I think.

Aは私の説明にかなり満足した感じの目で、Bからany other question? と聞かれ、No I don't think so.とAが言ったら、いきなりB sideからぶしつけに、発音がいいとは言えない英語で、

Talking about the Momoyama period you mentioned, you didn't say any exact year in your explanation. When was that?

と聞かれ、Bから質問されるケースパターンは意外なので、はっとしましたが、

Oh I am sorry.(とひたすら謝り)The Azuchi momoyama peroid last around one hundred years and it was just before the Edo period which started 1603, that means the end of this period, so before that it was in 16 century. I am sorry.

(1603年という年号を出したことで、Bも納得した様子で)That's the end of the interview. You may go.

Thank you for taking your time for me. Bye.(とできるだけの笑顔で、英語で挨拶し、)荷物を取り、失礼しますと言って出て行きました。

受験の感想

待っている間に、他の部屋からアメリカ人女性らしい感じの人の楽しそうな笑い声などして、わきあいあいな感じがしたのですが、自分が呼ばれた部屋に入ると、しんみりしていてすごく緊張しました。でも、A試験官は答のところで笑ってくれたりして、一生懸命説明しているという誠意は伝わったような気がします。Bの方は私の説明に満足していないのかなと思いましたが、アイコンタクトも両方にしましたし、ベストは尽くした感じでした。時間的には、余談もなく、たんたんと進んでいったので、早く終った感じです。この部屋は、他の誰よりも先に終ったので、誘導されて待合席につくまでは、一番最後の最後だったのですが、部屋にすぐ呼ばれて入り、終わってまた別のところで待機するのも一番前の席でした。全体的にここの教室のインタビューは早いペースですすめられていった感じです。(審査員2人が終って休憩室に向かうのも一番でした。)

ハローの講師、授業内容、教材、その他(メルマガ、ホームページ)についての感想

2次試験もハローの教材を忠実におこなったのがよかったです。<英語第2次試験直前セミナー>で、最初の説明で、なるべく暗記してハローのモデルアンサーのように答えなさいと言われましたが、4時間で4人の先生で、一時間一回しかあたりませんでしたが、一分という時間が思った以上に短く、自分の言葉で自分の思ったことしか言えない事に気づきました。丸暗記すると白紙になってしまう可能性があると感じました。4回中、3回は先生に答え方がいいとほめてもらいました。すごく自信になりました。
今回、合格したら、来年はフランス語で受験したいです。なにか参考になる教材があれば助かります。

BACK NEXT