受験者(5) ← BACK   NEXT →


(先生今日は。)

A:
(お掛けください。)

[座る]

B:
(お名前と住んでいる場所を紹介してください。)


(●●●といいます。今は台北に住んでいます。)

B:
(台北?台湾の台北ですか?)


(はい)[台湾と言うべきだった、と後悔]

B:
(台北では何をしていますか。)


(大学院で勉強しています。)

B:
("研究所"で勉強?大学院生ですか?)


(はい)

[台湾では普通に"念研究所"と言いますが、辞典では"研究院"になっていたので、中国と言い回しが違うのかもしれません。ここで、また「まずかった」と思う。]

B:
(中国語はどこで勉強しましたか。)


(主に福建省のアモイ(廈門)で中国語を勉強しました。)

B:
(福建省のアモイですか・・・。そこではどのくらい勉強しましたか)


(二年です)[ここまで二分ぐらいだと思います。あっという間でした。]

A:
(お聞きします。もし中国人に日本の神社と仏教のお寺の違いについて説明するとしたら、どのように説明しますか。)


(神社と仏教のお寺の違い・・・、日本の神社はもともと日本の宗教で、仏教は中国から伝わってきた宗教です。)
[友人情報及び法学書院の過去門集の事例を見た限り、観光関係は聞かれない可能性もあると聞いたので聞かれないことを祈っていましたが、祈りは天に届きませんでした。]
[何でもいいから言わなくては、と思いつつ一言いい、試験管Aが話題を変えてくれることを祈りましたが、こちらが話すのを待っていらっしゃる様子でした。]

(神社とお寺のお参りの方法は違います。)
[続けて神社の参拝方法を言おうとしたら次の質問に移ってしまいました]

A:
(では、中国人に「禅宗庭?」について説明するとしたらどう説明しますか。)

・・・・・[かなりまずい、と思う。とりあえず一言]

(禅宗のお寺の庭の事ですか)
[と試験管に聞くが、こちらの回答を待つのみ。私も黙ってしまった。]

A:
(「禅宗庭?」はご存知ありませんか。)


(聞いたことがありません。わかりません。)
[多分、枯山水のことかと思いつつ、日本語でも説明できないぐらいわからないので、潔く(?)リタイア。無念。]
[ここで終わるかと思ったが、まだまだ続く。]

A:
(では、中国人が芸者の芸を見たいといったら・・・、芸者は分かりますか。)


(分かります。)

A:
(彼らが芸者の芸を見たがったら、どこに連れて行きますか。)


(高級な日本料理屋に連れて行きます)
[試験管A黙ってこちらを見る]

(それから京都には芸者が沢山いるところがあります。)

(彼らをそこへ連れて行きます。)
[芸者さんと舞妓さんはちょっと違うかも、と思いつつそう答える]

A:
(近頃日本の伝統的な銭湯が少なくなっていますが、どう思われますか。)


(残念だと思います。なぜならそこは暖かい感じがするからです。)


(でも今は皆忙しくて銭湯に行っている時間はないでしょう。)

(今は多くの家に浴室があるので、銭湯に行く必要はありません。)
[忙しくて行く時間がない、というくだりで試験管(A)が笑っていた。]
「忙しくて」の前に、多分次のように聞かれたと思いますが、はっきり覚えておりません。

A:
(ではどうして今は銭湯に行く人が少ないのですか。)

A:
(近頃日本の出生率が低下していますが、どう思いますか。)


(私は、現在の出生率は低すぎると思いますが、現在は子どもの教育費は高く、子どもが多すぎるのは家庭にとってよくないと思います。)
[試験管A、意外そうな顔をしたので、もう一言付け加えることにした]


(しかし国にとって子どもが少ないのはよくありません。ですから私は一人のお母さんが二人の子どもを生むのがちょうどいいと思います)

A:
(外国人・・・全ての外国人が時々日本人を誤解することがありますが、なぜだと思いますか。)


(日本人は自分の感情や考えを表に出さないので、時々誤解を生じることがあります。)
[試験管A笑う]

A:
(時々日本人と中国人の間でかなり深刻な誤解が生じることがありますが、どうすれば解決できると思いますか。)


(この問題は難しいです。)

(ですが、私はまずお互いが理解しあうこと、相手がなぜそのような行為をするかを理解することが必要だと思います)


(以前日本人の留学生が西安の大学で出し物をした時に、多くの中国人は怒りましたが、多くの日本人はなぜ怒るのか理解できませんでした。)


(しかしその後日本人は大学での出し物は厳粛なものだという事を知り、中国人が怒ったわけを理解しました。)


(ですから、お互いに理解することは重要です。)

A:
(はい。今日はこれで終わりです。)


(先生どうもありがとうございました。)

[感想:会話は心配していなかったのですが、文化関係の知識は非常にあやふやな為、聞かれないことを祈っていましたが、聞かれてしまいました。一次、二次とも今年初めて受けたので、来年また頑張ります。]

付け足し:全体で8分ぐらいだったと思います。

 
 
  ← BACK   NEXT →