受験者( 128 ):男性
 

A:Good afternoon!
B:Good Afternoon!

Good afternoon!
A:Please put your bag on a desk.

Yes, I see, thank you. (入り口から面接席まで距離があるので返事して、移動) So can I put it here?(かばんを席のすぐ後ろの机のほうへ置こうとしつつ、Aのほうを見ながら、確認。当方は確認のつもりで軽く尋ねたが、考えると、すでに「机の上において」と言われているので、これでリスニング力を疑われたのではと懸念)
A:Sure. And please take a seat here. (受験者席を示す)

Yes, thank you.(着席)
A:What is your name ? And Where do you live ?

My name is .......... . I live in .......... in .............(Aを見ながら)
A:(うなづいて何か書く)
B:(うなづいて何か書いているように見える)
B:How are you feeling today? (下を見て、何か書く)

I am a little bit nervous. But I’m fine, thank you. (軽く微笑みながら朗らかに)
B:(黙って、下を見て何か書き続けている)

Oh, Sorry, I’m fine, thank you (Bが沈黙して書いているので、nervousという語を使ったのがいけなかったのか、それとも質問を聞き違えたのか・・?と不安になり、もう一度笑いながら、返事。このときBの対応が気になり、“How are you?”とか、”And you?“とか訊き返さなかったことが悔やまれる )
B: Well, I think in Japan, there are several writing systems. I am interested in that

situation. So, What are the writing systems of Japanese? (概ねこのような言い方だったと思います。挨拶の途中からそのまま名乗りもせずに個人的な感想でも言うように話し始めたので、最初ちょっと虚をつかれたような感じで、当方の対応が悪い印象を与えたかもしれません。質問そのものまでに前置きがあったので少しまごつきました。後で考えると、何も言わずに既に面接官はロールプレーを始めていたのかもしれません)
Well, usually we use Kanji or Chinese characters, and Hiragana and katakana. Hiragana and katakana were created from Chinese characters. And we use Kanji for Traditional things and Hiragana and Katakana, these syllables are used for different purpose(purposesと複数にしなかったと思います) Hiragana is for ordinary things, and Katakana is for expressing loanwords especially for the Western words.
A: (何か書いている)
B:(何か書いてからこちらを見て)、Hum, well, then, why do Japanese use these phonetics, even you have letters of the complex strokes ?
(漢字を書くようなしぐさをしながら。もう少し長く話したようにも思え、内容を全部把握していないか、聞き違えた可能性もあり。漢字の必要性とかなの必要性の質問を逆転して受け止めた可能性に後で気づき非常に気になっています。質問を理解したつもりだったのでそのまま答えましたが、確 認のために質問を訊きなおしたほうがよかったかも、と反省。最初の質問とかぶったようなことを訊かれた、と感じ、最初の当方の解答に何らかの意味で満足できなかったのかも、と不安になる)Well, there were no letters in Japanese, so Hiragana and katakana were created from Kanji or Chinese character or characters. Many years ago in Heian period or so,
people used these letters for different…oh,no.sorry, in those days people used them for mixed ways, but today, now people use them for(inというべきだっか?) different ways. When we use Hiragana, for original Japanese words called “Yamatokotoba” ,we feel that we keep our identity.
And when we use Katakana for foreign words, we feel,oh,they are different. So even though we import foreign words or cultures, still we feel we keep our
traditional identity. (前半は最初の質問の答えとかぶっているし、途中で自分で間違いに気づき言い直したり、どもったりと非常に要領の悪い対応で猛反省)
B:Oh, That is a very good reason!  Don’t you think so?
(と大きく横を振りかぶるように向いて、Aに向かって同意を求める。Aは困ったように、黙って軽く頷く)
Oh,thank you very much!(少し笑いながら、AとBを見る)
B:By the way, Is any Japanese city possible candidate to host Olympics?

Do you mean for future Olympics?
B: Yes, that’s right.

I think Tokyo is the one.
B: Oh, really?
(驚いた様子でAのほうを向いて確認を求めるような感じ。Aも困惑しながらも頷いたように思えました)
Yes, I think the Tokyo Metropolitan Government, oh , no, the governor said, “we want to host Olympics!” (直接話法の箇所は少し声を大きく、ちょっとだけおどけた感じに。しかしBの反応に不安になり、また質問の聞き違いの可能性を懸念)
B:So, when was the last Olympics that Japan hosted in summer?

Do you mean in summer? (確認のために聞き返したが、リスニングが弱い思われなかったかと不安。
B: Is that summer one? (B: Is that summer one? (といきなりAのほうをまたも大きく振りかぶって確認の質問をしている。Aは黙って顔を上げて頷いている。しばらくこの状態がAとBの間で続いたのでどうしてよいか分からず、ちょっと戸惑う)

So, you mean summer, right ? (と頷きながらもう一度言う。実はこのとき冬季のことを意識しており、長野五輪との区別のために聞いたのですが、またも聞き取りが弱いと誤解されたのでは、と懸念。せめて「冬季は最後に長野で1998年に開かれましたが」と一言添えればだいぶ印象が良くなっただろうと悔やまれます)
B: Yes.(頷く)

It was Tokyo Olympics in 1964 .(なぜか複数形にしてしまいました。良くなかったと思います。Aが一瞬、え?、という感じでこちらを見たような気がします。複数形が気になったのか、それとも当方が答えの数字の言い方を間違えて別の年を口走ってしまったのか? もし特に後者の場合は致命的かも知れず、非常に不安です。もしかしてこの問題何かひっかけか、と一瞬思い、他にも東京五輪の後にも夏のオリンピックって日本であったけ? とか考えながらの答えだったので、少し不安感を感じたかもしれません。そのためか致命的な失態を犯しました。「いつ?」と訊かれ、年だけ答えましたが、日にちも知っていたのに答えませんでした。また質問そのものに答えられただけである意味満足してしまい、東京五輪をめぐる説明をしませんでした。これは大きな減点対象かもしれません。「最後の?」という言葉にこだわった結果、東京五輪が、日本で最初のそして唯一の夏のオリンピック であることも述べませんでしたし、これを記念して10月10が当初体育の日になったことや、東洋の魔女チームの優勝のこと、五輪の準備で首都高速や最初の新幹線が造られるなど経済や都市計画への影響が大きく、戦後の1つのエポックメーキングとして、日本社会や日本経済に大きな影響を与えた・・といった話を絶対すべきでした。また試験会場の近くには駒沢オリンピック記念公園もあるのにそのことも触れませんでした。こうしたことは後から考えると、致命傷ではないかな、と感じ、悔やんでも悔やみきれません・・。また将来の候補地としての話の質問もこれと絡んでいる可能性があるので、「もし東京都が再び主催するならば久しぶりに二度目の五輪となり、同じ都市で行われるとはめったにない素晴らしいことであり、東京に住む者の一人として、そういう夢のような状況の実現を是非願いたい、とか答えると良かったと思います)Actually, I was born in that year, so I remember about it well, oh ,of course I don’t remember, but my mother remembers it
well ! (とちょっと笑いながら付け足すと、何か書いていたAとBも笑う)
B:Oh, you were born in that year, then you know about it well. (笑っていましたが、これも後で考えると東京五輪への説明をきちんとしなかったことへの皮肉な批判だったのかもしれません)By the way, you said Japan imported Western culture. When was Japan open to the Western culture ?

I think it occurred in the mid 19th century. That was when Commodore Perry of the United states came to Japan・・ in 1853.(ここでBはほんと?という感じでAのほうを見る。Aもちょっと困惑している様子)People say that was a drastical(drasticと言うべきでした)turning point for Japan. But even before that, Japan had had influence of or from the western cultures even in the isolation policy situations. (Aが何か書いているような気がしたが、Bのほうを向いたまま解答。過去形の動詞の節を使わないのに、過去完了形を使ってしまったので、文法がチェックされた可能性あり). In those days Japan had only one small gate(にこっと笑って、手で小さな門のような形を作るジェスチャ) namely Nagasaki. (長崎が九州と言う日本の南部にあることを言わなかった点反省)There, Chinese people and, Korean people and the Dutch were allowed to come and trade with Japan. (徳川幕府という概念を使わなかった点反省) So, Japan was influenced by the
Dutch culture. So, even today we use some loanwords from Dutch.
B: Really ? for example ?

Yes, for example, shabon which means soap! (we say shabon と言うべきでした、反省)
B:Oh, really?(本当に驚いている様子)

And also before that, Japan had traded with Spanish people and Portuguese people in the 16 th century. So, we have some Spanish and Portuguese words,too.
B: Yes, like tempura ! (にやっと笑って言う)

Oh, Yes, exactly ! (嬉しそうにやや大げさに、間髪を入れずに言う)The original word is tempero which means egg or batter or something like that in Portuguese. (言い終わらな
いうちに、Aがそろそろ時間、といいふうにBのほうを向いて頷く) Oh, I’m sorry, maybe I went off on a tangent a little.(ちょっとあわてて)
B:Oh,no,no. it is all right . (当方に手を振りながら、なぜか少し横のAの方向の下方へ顔をうつむかせながら言う)
So, I think Japan opened its gate in the mid 19 th century ・・ to the international society… or international community.(話し終わって、まとめた、という感じで)
B:All right. I think that’s all.(言いながら、途中で、そうだよね?、といふうにAのほうへ向く)
A:Yes.(Aと当方を交互に見ながら言う)
B:Thank you.
A:Thank you.

Oh,thank you. ・・So, can I go now ? (日本語での質問があるかと思い、ちょっと意外な感じで尋ねる)
B:Yes, of course. Or do you want to stay here for another one hour ? (げらげら笑いながら言う。Aも笑っている)
Oh, sorry, thank you very much ! (同じように愉快そうに笑いながら、立ち上がりつつ言う)。Thank you very much ! (Bにお辞儀をする) Thank you very much ! (Aにお辞儀をして言う。このとき、“I wish I could stay here and talk to you more”とか、“It was very nice talking to you” とかもっと気の利いたことを言えばよかったと反省。出口に行き、そこでもう一度、AとBのほうへ向いてお辞儀をする)Thank you very much !(入室から退室まで7分。面接は正味6分ほど。不安から質問を訊き直したり、話している途中で言い直したりしてスムーズさに欠け、少しおどおどしたような印象を与えた可能性あり。またリスニングが弱い、文法のミスが目立つ、などの可能性もあり。できるだけアイコンコンタクトを維持しようとして、基本的にBに、時々Aに視線を向けましたが、無意識に時折視線を落としたような気もします。特に東京五輪の背景的説明をしなかったことがもしかしたら致命的になったかも、と深く後悔と反省。また質問を聞き違えていたり趣旨を間違えていたりしたら、これらは致命傷ですので、そういう失敗をしてはいなかったか、と非常に懸念するとともに、もっと落ち着いて対応できなかったことに対して深く反省しています。色々な失敗をしてしまったので正直今回の合格は難しいかな、とは思いますが、もし今回だめだった場合は、その失敗と反省を活かして、来年こそは合格したいと思います)

 

BACK NEXT
 
 

BACK NEXT