受験者( 47 ):女性
 
私が入ると、教室の後ろに沢山机が一塊に並べられていて、一瞬ぎょっとする。おそるおそる入ると、入ったとたんに、
B:Please put your bags on the desk.
(しかし、Bの言ったことが聞き取りにくく、いきなり、ドキドキした。しかし、ジェスチャーからして,明らかに荷物をそこにおいてと言われたとおもったので、隅の机におき、且つコートをその上に置く。不安でいろいろ勉強道具を持っていたので、自分がガリ勉タイプのナードと思われたくなかったのでコートで意図的に隠そうとした。 しかし、出る時にそのコートの置き方があまりにだらしなかったので、いかに自分が動転していたかがわかると同時に、このだらしないコートの置き方ももしや適正点の部分で採点されていて点数がさがったら嫌だなと思った。
Here?
B: Yes.
(ここでPlease have a seatと言われた気もするが、とにかくその前に自分は座ってしまった気もします。とても動転している自分がそこにいた。落ち着け落ち着けと自分に言う)
Thank you (とにかく何でもThank youと言おうと思った。)
B: May I have your name and could you tell me where you are from?
(違う表現だったかもしれない、とにかくこの内容)

My name is XXX. My nickname is YY. So, everybody calls me YY.
And, oh, where I live・・・. I live in ... ward in .... It is about 10 minutes from ... on the ... line. (何十回と模擬面接で練習してきたことを流れるように言う。すると、二人ともニコニコしてくれたので、ホッとした)
A: Well, I will ask you about Japan.
(ここで私が外国人旅行者になりますので、あなたがガイドと思って答えてください的なことを言われたが、どんな英文だったかはおもいだせない。

Yes please. (多分こう言ったと思うが,もしかしたら、私はうなずいただけだったかも)
A: What kind of fish can be caught around Japan?
(あまりに簡単な質問でびっくりしたが、確実にこの内容の質問をされたと思い、私は必死で、下記のように答える)
Oh, fish. Um, in this season, I mean autumn, saury is tasty. Beside that, sea bream (もしかしたらここでSea beamなどと答えていたような気もする, mackerel, squid, shrimp ・・・ I am talking about seafood around Japan. (この時自分がどのようにしゃべったかは思い出せない。しかし、ここでAがそれでいいのよというような目配せをしてくださったので、やっぱこれでいいのだと思い、tuna,tooと言ってから、あれは遠洋漁業だったかなと頭をかすり、慌てて、oh, not so much tuna fish is around Japan. Well, in this season, saury is very tasty. とかいいながら、心の中でsauryの発音があっているのかきになり、そのくせ何度もsaury, saury と逆に言ってしまった。 でも、二人が「いいのよ、いいのよ」という感じでうなずいてくださったので、ちょっと安心した。
A: All Japanese people eat fish every day?
(またもや簡単な質問で、びっくりしたが)
I don't think all Japanese do. Well, it really depends on the person. I myself eat fish almost every day, because I am a fish-eater. I prefer fish to meat. But, not all people are like me. For Example, my son prefers meat to fish. So, I am always wondering what I should buy in the supermarket. (言った後に、おっと 前置詞はat the supermarketだったと思ったが、なんか通じているし、どうやら試験官は気にしていないようだと気を取り戻す。)
A: I see. So, you have to buy many items a bit by bit.
(と言いながらとてもニコニコしてくださった。私は大きく2、3回うなずきながら)
Yes, it is very costly, though. (ここでなんと二人が大きくうなずきながら大きな笑い声になる,三人とも笑う。なんだか私は嬉しくなる)
A: Can I wear a bathing suit in ONSEN (hot spring でなくONSENと言っていた気がする)
Yes, in some hot spring resort like Kowakien in Hakone, you can wear a bathing suit. (今思うと your bathing suitのほうが的確かとも思う) But it is a rare case, most hot spring resort unfortunately force you to be naked. I mean you have to take off all your clothes. (二人ともウンウンとうなずく、特にBはにやっとしたと思う。 私は心の中でこの方はきっと箱根小涌園に行ったことがあるに違いないと思った。)
A: Does anything I should be very careful when I take a bath in hot spring?
Yes. You can't jump into the bath. You have to clean your body first. Oh, you have to do so outside the bath, because Japanese share the same bath, so we have to keep the hot spring water clean. Also, after you take a bath, you can't pull out the plug, because some other people might come and use the same hot spring water.
A: Hakone is a popular place?
Yes, it is very populer, because the quality of hot spring there is very high and there are many hot spring resort spas. Hakone is on the mountain side, so you can enjoy the beautiful scenery there. Besides, you can enjoy the beautiful view of Mt. Fuji from Hakone. (Mt. Fujiと私が口にしたとたん、試験官二人とも何度も深くうなずき、さも、ここでその台詞をあなたに言ってほしかったのよと言わんばかりであった)
A: How can I get to Hakone?
You can go to Hakone by Romance car on the Odakyu line. It is about 80 minitues. So, it is very easy to get there.
A: Why is it called Romance car? (とってもニコニコしながら、お茶目な感じでAは尋ねる)
Oh, why it is called Romance car・・Well・・・  Hakone is very convenient place, so many couples go to Hakone and want to relax there. I mean Hakone is famous place for dating, too. So that is why the Odakyu line decided to call the train Romance car. This is my guess, though. (試験官二人とも極端にニコニコになる)
A: I see. Ok, next question. In the Meiji Era, how did Japan modernize the country?
(いよいよ難しくなってきたぞと思う)How・・・  In Meiji Period, Japan achieved a rapid modernization. Japan started to import many things from the other countries. (ここで自分はsuddenlyなど余計なことを言った気がする。) Well, because In the Edo period, Japan had an isolation policy, so the trade was limited. (そうだ、私は今howときかれているのだと思い。) If I am asked how Japan achieved a rapid modernization, I should say that Japan became very open to many cultures and many things. Well, Japan imported many things. (まずい,繰り返し同じことを言っているような気がするぞと内心焦るが、他に何をいうべきなのかわからなかった。)
A: For example, what kind of things did Japanese import from other countries?
(洋服ぐらいしか思いつかない自分を情けなく思いつつも)Many things, but especially clothes. Japanese started to import western clothing. Of course some people still wore kimonos, but many people started to wear western clothes.
A: These days Japanese people doesn't seem to wear Kimono much. Why?
(もっと質問は長かったかもしれない。しかし,確実にこの内容であった)

First of all, Kimono is bulky and not so easy to put on. I think that is the main reason.
A: Do you yourself wear Kimono sometimes?

No, I don't have a kimono. But I used to wear kimono (これは規則的に着ていた訳ではないので、word choiceのミスである。着たことがあると答えたつもりだが、今思い出すとこう答えていたと思う) When I was young, I wore kimonos a couple of times, but I usually rent a kimono. (ここで一つ振り袖を一つ持っていたことを思い出し) I used to have one kimono, I mean furisode, but now I don't have any kimono unfortunately.
A: What occasions do Japanese wear kimonos?

Japanese wear Kimonos for both happy and unhappy occasions. For happy occasions, for example・・・wedding ceremonies, wedding receptions, coming-of-age days and so on. For unhappy occasions, for example, funerals and memorial services.
この後どうして黒をきるの?というようなことを聞かれた気がする。それとも、勝手に自分で正装について答えた気がします。
Japanese think black is very formal. So we wear black clothes for both happy cases such as wedding ceremonies and wedding receptions, and unhappy cases such as funeral and memorial services. They might look the same, but the color of tie is different for men, men wear a white tie for happy occasions, and a black tie for unhappy occasions.
A: Ok, thank you so much.

Oh, finished?
(あまりに短時間,しかもあっけなくおわってしまったので、思わず聞いてしまった。するとAはニコニコと)
A: Yes.
(表情がニコニコと楽しそうに、『そうよ、もういいのよ』というかんじだったので私は少し安心した感覚を持った。しかし、あまりにもあっけなかったので本当にもういいの???という感じのまま立ち上がり)Oh, thank you. Thank you for this opportunity. (ここでもっと自分をアピールしたかったと思って、たちながら、I really want to be a professional tour guide. などともぞもぞ口走ってしまった。
こういうのは言ってはいけなかったのかもと思いながらも言わずにはいられなかった。すると、二人とも、ペンを走らせる訳でもなく、私の方を見ながら、ニコニコ早く部屋を出てってねという感じだった。それを悟った私は,焦って早く出て行かねばと思う。 Have a nice day! Good byeとここで言う。そして、冒頭で述べたように、焦っておいたコートがだらしなくおかれていたので、ギョッとする。 きちっとおいたつもりだったのに・・・
全体の印象は、とにかく和やかで、まるで自分が仲良くしているネイティブ、もしくはハローのいつも廊下をうろうろしてくださっていたダニエル先生と談笑しているかのような面接であった。 こんなにソフトな感じでいいの???というのが感想。 私自身も緊張の中にも楽しい5分(もしかしたら5分以下だった気もします。)でした。 先生との相性が良かった気がします。 少なくとも沈黙ということはなく、しどろもどろに所々なってしまったが、全体的に会話をスムーズに交わしたというかんじでした。最後の最後にドアをでるときは、ちょこっとしか出番のなかった日本人の試験官のことが気になり、その方を意識して、「失礼しました」と言って出てきた。今思うと、ここはもう一回何かを英語でいうべきだったのだろうか。でもあれ以上はしつこい気がするので、やはり日本語で日本人的挨拶をきちっとしたのもとっさの判断としては良かったきがする。 自分のコートのだらしない置き方は非常に気になったものの、退場した時になんだか合格できたかもと思った。 でも、こればかりはわからない。 ハローの皆さんには本当にお世話になりました。 ありがとうございました。
 

BACK NEXT
 
 

BACK NEXT