受験者( 49 ):女性
 

Good morning!
A,B: Good morning!
B: Please have a seat.

Thank you.
A: Please tell us your name and where you live.

My name is XXX, and I live in ... City,... Prefecture.
A: Exciting city, ..... !
(私も含めて、一同笑う。)
A: Please relax.

Thank you.
A: Now please tell us all about Japanese history!

(私は冗談だと解釈し、笑った。)
A: (今のは冗談だというような仕草をし、)Now, what's the Edo Period like?

(江戸時代はどんな時代だったかというのは想定外の質問で、どんな角度から答えたらいいのか戸惑った。)Well....
A:(私が戸惑っているので、ヒントを出そうとして、)Everyone talks about the samuruai, but other than samurai, what was the Edo Period like?(一般の人はどんな暮らしをしていたか、ということをききたかったらしい。)

Well...(正確な言葉は思い出せないが、江戸の庶民は好奇心があったことや、寺子屋で子供が勉強したことなど、しどろもどろに思いつくまま答えた。)
A: Tell us about entertainment in the Edo period.

Well...(これもまた、予想外の切り口で、しどろもどろに落語や読み本のことを答えた。)
A: How about Kabuki?

(そうか、歌舞伎のことを聞きたかったのか、とやっと分かって)Yes! Kabuki was originated in the Edo Period, and the people in those days enjoyed watching it.
A: What the difference between Noh and Kabuki? Noh seems to be rather difficult....

Yes. Noh is characterized by its symbolic highly stylized acting and elaborate masks. The stories are told by the chants called Yokyoku, and it's difficult even for Japanese. Kabuki was originated from Noh, and it is characterized by rhythmical words, dancing, and elaborate costumes. Kabuki is easier to follow, and enjoyable to watch.(やっと、答えを用意しておいた質問がきたので、嬉しくてしゃべりすぎた。)
A: Where can I see Kabuki?

You can see it in Kabuki Theater in Ginza, or the National Theater near the Imperial Palace.
A: Tell me about Osaka.(正確な言葉は思い出せないが、大阪の特徴を聞いてきた。)

Osaka is originally a city of business(商売の街、と言いたかった。)They say people in Osaka are good at bargaining.
Young people's fashion is different from that of Tokyo. Osaka is a lively, unique city.(大阪、というのも全く予想外で、苦し紛れの答え。)
A: How do I get to Osaka? I live in Ikebukuro.

From Ikebukuro, you go to Tokyo by train, and from Tokyo, it takes about 2 hours or so by Shinkansen.
A: Now, How do I get to Mt. Fuji?

(まさか富士山への行き方を聞かれると思っていなかったので、大変ショックを受けた。そして、「新幹線で箱根かどこかまで行って、バスで・・・」といい加減なことを口走ってしまった。)
A,B:(困った顔をして、目を見合わせ、)We'll find out.

(ここで初めて自分のミスに気づき、慌てて、)I'm sorry! I'll find it out and get back to you later!
A,B: (ショックで正確な言葉は思い出せないが、「もう試験は終わった」という内容を告げた。)

Thank you.(荷物を持って、もう一度)Thank you.(「なぜ通訳ガイドになりたいのか」とか「通訳ガイドにとって大事なことは何か」と言った質問が無くて、ショックのあまり試験官の顔を見ることができなかった。)
(反省点?富士山の行き方が分からなかったとき、いい加減なことを言わずに、すぐに頭を切り換えて、できるだけ誠実に"I'm sorry, I don't have that information right now. I'll find it out and get back to you."と言うべきだった。
反省点?最後に、せめて、試験官2人の顔を見て、"Thank you very much! Have a nice trip!"とか何とか、明るく言えると、少しは印象が良くなったと思う。予想外の質問が多く、答えを用意しておいた質問が無く、ショックだったのが顔や態度に出てしまったと思う。)
(ハローへの要望:ハローの外国人講師の先生方はみな優秀で、模擬面接では質問を上手にしてくれました。また、教材も素晴らしく、院長先生の「厳選予想問題60問」も充実した内容で、私は必死に解答を作って、試験に備えました。でも、それに慣れすぎた私は、予想外の質問にどう対処していいか分からず、撃沈でした。質問の仕方が単刀直入でない試験官や、漠然としたことを聞いてくると思ったら、急に具体的な情報(電車の路線など)を求める試験官もいます。そこで、お願いなのですが、模擬面接では、わざと、1コマに2〜3問、意地悪な、答えにくい質問を入れて下さい。そうでないと、ガイドラインの「臨機応変な反応力」が身につきません。私の一番大きな敗因はこれだと思います。)

 

BACK NEXT
 
 

BACK NEXT