受験者( 74 ):男性
 
(10時から第1番目でかつ面接の部屋に連れて行かれたのが10時10分で、あわてた気分のまま始まり緊張が高まった。こんなことであがる性分ではなかったのだが、平常心を保てていない気がした。)
May I come in?
(ドアの近くで聞いたので奥からの返事がよく聞こえなかったが、OKのようだったので入った)
A:How are you?
I am fine, thank you.
(How are you? と聞きなおすべきだったが、余裕がなかった。
B:Please tell me your name, date of birth, and language you are taking.
My name is ....
Date of birth is ....
Language is English. A:Are you nervous?
Yes, because I am the first. B:All right. Take a deep breath. (と言って深呼吸するジェスチャーをする)
私も一応深呼吸したが、ぜんぜん落ち着かず。
B:I’m going to ask you some questions. (この後少し文がつづいたが思い出せない。かなり声が小さい。)
Yes, sir. All right.
B:I like skiing. I heard somewhere they have the best snow for skiing. What is the best snow for skiing in Japan?
(聞き間違いかもしれないがWhat is the best snow…? と私には聞こえた。しかし、どこと聞かれているとして答えた。)
I would say the snow near Sapporo, Hokkaido is the best for skiing. It is Niseko. That is the best.
(ここでBを見るとうなずいていたので、これが予想の回答かなと思ってここで答えをとめた。後から考えると、パウダースノーで有名とか、オーストラリア人に人気とか言えばよかったなと思った。)
B:Have you been there?
Yes, I have been there once. But, only in summer.
(うそでもいいからI love ski. とか言って少しスキーのことを言えばよかった。擬似面接でハローのネイティブ講師に教えていただいた話を膨らませよという注意事項を生かすことができなかった。心に余裕がなかった。)
B:ここで試験官がニセコの話のまとめを言ったが 覚えていない。
B:Where is the biggest car producing area in Japan?
It is Nagoya area, where Toyota’s head quarter is located. They produce more than five million cars a year over there. And the second largest area is Kanagawa area, where Nissan’s head quarter is located.
(年産500万台とかは全くのでたらめ。a few million carsというべきところ、つい口からでてきた。しかも、Toyota’s head quarter ではなくて、Toyota’s main factoriesだった。今思うとトヨタ本社は多分東京ではないかと思うが、たぶんそんな細かいことはどうでもいいことだろうと思う。車産業に関しては前日に勉強していたが詳しいことは何も口からでなかった。)
B:Which do you like?
I like Hondas, because it’s pretty and cute.
B:Do you own a car?
No, I do not have any. B:Me, neither.
(声が小さくてこのMe neither が聞こえなかったので聞き返した。)
B:Me, neither.
(東京では車は必要ないですからねとか言おうと思ったが、次の質問をしそうだったのでやめた。) B:How many classes were there during the Edo period?
(質問の文は覚えていないが、江戸時代には何階層の人がいたのかという質問だった。)
People are divided in four classes during the Edo period. The top layer is Samurai class and Buddhist monk. The second layer is farmer. The third one is craftsman. The bottom layer is merchant.
(時制も単複数の区別もめちゃくちゃだった。落ちるとしたらここで落とされるだろうと思う。江戸時代についての知識を聞いているのではなく、文法がちゃんとしているかを確かめる箇所だと思った。)
B:Do you have any favorite story? (Do you read any story? だったかも知れない)
No, I do not. (江戸時代の本は全く読んだことはなかったが、ここで終わらせるわけにはいかず意味のない返事を続けてしまった。時節がら忠臣蔵が好きだとか言っておけばよかった。)
Most stories are based on Samurai life. Some of other stories are about people of commoners, such as Rakugo.
(聞かれた内容とは離れた答えをしてしまったので、質問がわかってないと思われたかも。)
B:All right. We have done. That’s enough.
もう終わり?と思ってAを見たが、Aも拍子抜けした感じのようだった。ここまで3分くらい。)
Thank you very much.
(平常心を欠いていて言えることの半分もいえなかった。相手に言葉を返すのではなく、機械的に質問に答えてしまった。受験ではなくオーディションに応募しているという気持ちで面接を受けるべきだったように思う。 英語の細かい文法もだめだったが、ハローの模擬面接でネイティブ講師に指摘していただいたこと(うそでもいいから話を膨らますとか熱意を見せるとか)が全くできておらず、悔しい。面接前一週間は300選や暗記的な試験勉強をするより、話し方訓練をした方がよいと思う。)
 

BACK NEXT
 
 

BACK NEXT