受験者( 07 ):女性

backnext

試験官

<試験官A>

(実際はこちら側が日本人でしたが、Aが主任ということなので、こちら側に書きます)20代に見える小柄な女性。イギリス系アクセント。イントネーションはニュートラル。AUSの可能性が高いかも。イングクリッシュタウンのダイアローグを読む人の声とアクセントによく似ている。ずっとまじめな表情。

<試験官B>

(実際はこちらが主任でしたが)50代に見える女性。ずっと笑顔でとても優しそうな方。発音からして、ガイドではないように思われる。

質疑応答

失礼します。

Good morning.

Good morning.

Please put your bag.

Thank you.

And have a seat.

Thank you.

How are you, today?

Good, thank you, but a bit nervous.

Don't worry. Just relax.

May I ask your name?

Yes, my name is ........

Where do you live?

I live in ........ City, ........ Prefecture.

I hear the Meiji Restoration is so important in Japanese history. Why is it so important?

(おお、一発目にでた!ていうか、一発目から?)The Meiji Restoration took place in 1868. Then Japan became modernized and Westernized. Various aspects of Western culture and technology were introduced to Japan.(なんだかかなり適当に話してしまって、しかも自然にとまってしまった)

For example?

For example, the political system and military system, and also, hairstyle and ....

Hairstyle?

Yes, before the Meiji Restoration, men wore a topknot, like sumo wrestlers, and at the Meiji Restoration, they had their topknot cut. And Japnanese wore kimono before the Meiji Restoration. But they started to wear Western clothes.

These days, global warming is very serious. How does Japan contribute to the mitigation of this problem?(といったかどうか、よく覚えていませんが、日本は温暖化にどう対処するのか、みたいなことを聞かれたと思います)

(おお、今度はglobal warmingか、すごいな、出たぞ、でも日本、ですか...困ったな)This is a very difficult problem.(ちょっと考えながら)Japan tackle(sを忘れたと思います)this problem but Japan has many factories and buildings, and many big cities.... There are many convenience stores and they are usually open 24 hours. I think they don't need to open 24 hours. I think Japan should be more strict.....(strictってあってたっけ?と考えながら、結局考えがまとまらず)They try to save electricity and minimize exhaust fumes.... Of course, we save electricity, and recycle papers. Although these are very small things, such small things do count. But this is quite a difficult problem to solve it.(なぜか口からitがでてしまいました...). I think we need more rules.

Are you conscious of global warming?

Yes, but I'm not so conscious of global warming very serious(変な英語になってしまいました。しかも、関心ないような答えになってしまいました。本音が出ますね). But I worry about global warming. The summer is becoming hotter and hotter every year. This is very severe.(ああ、内容がない、と思いつつ)

In sumo, why do they throw much(こういう言ったかどうか覚えてませんが、とにかくたくさん、ということ)salt, and what does their stumping mean?

Throwing salt means purification. Sumo was a religious rite originally. So, they purify a sumo ring, and then they have a match(matchなのか?と思いつつ). And stumping.....(これは考えてなかった、知らないな...ま、でも手の動きは知ってるからこじつけて)Actually, I'm not sure, I'm afraid(言っちゃった), but I think they move(moveはおかしいと思いつつ)like this(ジェスチャ-で右腕を伸ばし、次に左腕も伸ばす), open hand(armsですよね...しかも確か単数で言ったと思います)and turn palm. This shows I have no weapons. So, I think stumping shows I have no weapons, and let's start fighting!(かなりめちゃくちゃですね)

This shows I have no weapons.

I think so.

On TV, what programmes do you like?(だったか、There are many TV programmes, is there any programme you like?だったか、とにかく好きなテレビ番組を聴かれたのだと思いました)

To be honest, I like American and English TV dramas -- for example, Dr. House or Bones, do you know it?(質問してしまいました。しかもit。themですね)

Yes, yes.

These days, I watch Bleak House, an English TV drama on BBC, ... and I watch a news programme every morning.

Are there any popular Japanese programmes?

Yes,(日本のは見ないから知らないんだよね、と思いつつ、そうだ、紅白だ!)at the end of a year, a singing competition programme is very popular. It is next month.

Next month?

Yes, next month.(でも説明したら墓穴掘りそうなので、とめてみました。笑顔でちょっとうなづいてごまかした感じ)

OK, now your interview is finished.

Finished?

Yes.

Thank you.(といいつつ、すぐに立っていいのかちょっとまよっていると)

You may leave.

Thank you. Thank you so much.

Thank you for your coming.

Oh, I'm very glad to be here(この場面であってるのかな?と思いつつ). Thank you for your time.

Thank you.

Have a nice day.

Thank you, you too.

(笑顔で何かおっしゃったThank you か Good Byeではないかと思う)

(お辞儀をしつつドアへ向かい、ドアのところで、もう一度)Thank you.(日本人の方のほうへ)失礼します。

受験の感想

9時の受付後、試験前待合室の指定の席に着き、そこではまだ勉強可でしたが、9時50分に(私は10時の開始時間)試験直前控え室(といってもロビーのようなところ)に行ってからはもう勉強不可でした。そこでは丸テーブルに部屋番号ごとに座り待機してました。前の方が終わった部屋から順に次の人が呼ばれるという形式でした。いちばん早い部屋は10時5分で2番手が呼ばれていきました。私は私の部屋の2番目で、10分位に呼ばれました。ちょうど真ん中くらいでしょうか、まだの方も半分くらいいらっしゃったと思います。日本人の方が満面の笑顔で迎えてくださって、とてもいい雰囲気でした。試験中もずっとこちらを笑顔で見ていてくださって、なんだか見守っていて下さってるような感じでした。あまりメモを取っていなかったように思えます。二人ともにアイコンタクトを取るように心がけ、始終笑顔で応対しましたが、とにかく答えている内容が、とても稚拙で、あとから思い返すと、これはいったいどこまで許されるのか、と不安になります。沈黙はなく、かむことも殆どなく話せたので、それは良かったと思うのですが、雰囲気が良かっただけに、逆にちょっと緊張感が足りなかったような気もします。英語第2次試験対策模擬面接クラスの感じで、と言い聞かせ、緊張しすぎないように、と思っていったのですが、思いのほか、殆ど緊張せず、待合室でも殆ど心拍数も上がることなく、落ち着いていました。英語第2次試験対策模擬面接クラスで、丸暗記していても殆どそのまま言えることはない、ということがわかっていましたが、本番はさらに、稚拙な内容になってしまって、結構心配です。また、ガイドらしかったかというと、その点も疑問で、雰囲気よく会話は出来ましたが、やはり気になります。発音に気を配る余裕はなく、いつものとおりはなしてしまいましたし、さすがに少しは緊張したようで、少し早口になってしまったように思います。英語第2次試験対策模擬面接クラスでは聞き取りやすいといっていただきましたが、本番、どうだったのか、よく思い出せません。もうあとは合格を祈るばかりです。

ハローの講師、授業内容、教材、その他(メルマガ、ホームページ)についての感想

自分は何が出来て何が弱いのか、ということが良くわからない状態で2007年12月開講の1年コースに入り、最初のテキストは「受験英文法の総整理」でした。今まで文法は感覚でやっていたし、いわゆる文法書は基礎の基礎から書いてあって、自分が弱いところへ行く前につまらなくなってしまうという感じでしたが、これは目からうろこでした。文法、奥が深い・・・というのが最初の感想。いかに自分の英語がいい加減か良くわかりました。それから教本に入っていったわけですが、これがまた難しく、意味はわかっても日本語に出来ない、というのはまだいいほうで、意味もわからない、ということが良くありました。でもやっていくうちに自然に実力はついていったようで、テキストの最初のほうでわからない単語としていたものが、終わりのほうではすでに普通の単語となっていたり、また、以前買ってやりかけていた教材をまたやり始めてみたら、以前は結構難しいと感じていたのに、今ではかなり楽に読めたりしています。授業では、そんなことまで言わなくても、というくらい細かく構文解析をしてくださいましたが、結局その位のレベルまでこだわらなければちゃんとわからないんだ、ということがわかりました。

毎月の模試もとてもよかったです。強制的に勉強させられる状態というのは切羽詰ってとてもいいです。これがなかったら、「日本的事象英文説明300選」や「でる単その1&その2」などはとても自己学習ではやりきれなかったと思います。しかも、実名公表で成績が発表されるので、とても刺激になりました。

邦文の授業もとても楽しかったです。しかも教え方がとてもうまいと思います。学校で習ったよりもずっと面白かったです。社会人になってからの勉強のほうが基本的には面白いものだとは思いますが、それにしても小学校、中学校のときにこんな授業を受けていれば、私も地理が好きになっていたかも知れない、と思いました。政治経済は・・・好き、まではいかないかもしれませんが。邦文はとにかく復習が大変で、特に歴史は好きなだけに、余計に調べまくってとても時間がかかりました。でもそのおかげで合格できたのだと思います。先生のご指導どおり、選択肢までしっかり調べたことが良かったのだと思います。英語でも邦文でも、ハローの授業を受けて初めて、予備校とはこういうものなのか、とわかりました。授業の質の高さに驚きました。1次対策の講師の方々は教え方など、かなり均質であることを心がけてらっしゃるように思えました。ハローはとてもしっかりしている印象をうけました。

いろいろ分かれている教材も好きです。1冊の分厚いものが少数、というよりも目的別に分かれてるほうが使いやすいと思いますし、厚さに負けません。終わって並べてみたら、こんなにやったんだな、と感慨深いものがありました。いつの間にか結構勉強したんですね。

2次対策は、これだけでホントに大丈夫かな、と思ったのですが、実はかなり効率の良いものだったのだと思いました。基本的に授業では丸暗記した答えを言うことが殆どでしたが、やっていくうちに自分の答えの作り方もわかってくるし、いろんなことを考えるので、いつのまにか知識が積み重ねられていったようです。キーだけ覚えて普通にしゃべろう、と思ってはいても、授業ではやっぱり用意した答えをいってしまっていました。こんなことで本当にちゃんとしゃべれるのだろうか、と思っていたのですが、なんと、結構出来るようになっていました。<英語第2次試験対策模擬面接クラス>で、意外に答えられてしまったんです。1回目の時は何もそれようには勉強せず、今どの程度のものだか試してみよう、という気で行ったのですが、結構しゃべれてしまって自分でちょっとびっくりしました。内容の濃い薄い、あっているかどうかは別にしても、沈黙なくしゃべれたということだけでもびっくりで、これがハローの効果かと、悟りました。やはりしっかり考えられているわけですね。<英語第2次試験直前対策セミナー>はあの値段であの内容とはびっくりです。最初は傾向と対策みたいなものかと思っていたので、実際に出向くつもりはなかったのですが、しっかり講義があるということなので、参加しました。さすがに直前だけあって、皆気合が違いますし、普段の授業よりもレベルが高いので、こちらも士気が上がる気がしました。直前の日曜まで授業があったので、<英語第2次試験対策秋期特訓コース>はどうしようか迷ったのですが、結局通信コースで最後の1週間でやりました。といっても完全にやり切れたというわけではありませんが、それでも更なる知識の積み重ねに役にたっと思います。それに加えて、2008年度通訳案内士試験<第2次口述試験予想問題60題>、<第2次試験合格必勝メール>「予想問題厳選20題」と、やることがてんこ盛りで、大変な1週間でしたが、予想問題はこれだけはやっておけば、という心の支えになりました。

ホームページで合格祝賀会の様子をみて励みにしたり、ホームページもしょっちゅうチェックしていました。教材販売や、色んな特訓コースなどの情報がよく更新されるので、ちゃんと見ておかなければなりませんし、また、見るのも楽しみでした。

学院長からのメルマガもいつも楽しみで、しかも本番前にはいつもとても役立つ内容でした。実際地理では学院長メールのおかげで出来た問題もありました。今はもうただ合格を祈る日々となっていますが、試験後の皆さんのレポートを紹介していただけるのが楽しいです。

ハローでの勉強はとても楽しかったです。そして「日本的事象英文説明300選」や「通訳ガイド用語のまとめ」、「でる単その2」、「日本的事象Q&A」、「英語第2次試験対策テキスト」はプロになってからもきっと役に立つものだと思います。

BACK NEXT