受験者( 35 ):男性

backnext

試験官

<試験官A>

40代の日本人女性。現役の通訳ガイド風で、非常に温厚な印象の方。笑顔がすてきだったので、気持ちが和む。

<試験官B>

スレンダーな金髪の外国人女性。アクセントはイギリス的。米国アクセントに慣れている私には最初の間少し聞き取りにくかったが、ゆっくりわかりやすく話してくれる意図が伝わった。(昨年の京都会場では、相手が日本人の女性二人だったので面喰って焦った。今回はネイティブの話者を見て安心した。)

質疑応答

13:00からの試験グループであったが、使用する試験室は8室。試験室あたり3人ずつに分かれたので、一枠24人ということになる。何故か、この枠は男性が多く、9割近くが男性。年齢層はばらばらであるが、20代のような若年層はいなかったように思う。受験番号順に並んでいるため、私もそうだが恐らくは昨年の試験で1次合格し、今年は1次免除、2次受験という受験者の枠だったのではないかと思われる。試験室毎の3人に分けられて試験室階カフェテリアのような場所の丸テーブルで待機。グループ割及び、試験順は機械的に受験番号順に決められている。私は、3人グループの最後であった。一人目の試験時間は、ちょうど10分だったが、二人目の所要時間が極端に短かったため、予想より早く呼ばれた。待機場所と私の試験室は、それぞれ校舎の端と端に位置していたため、部屋に着くまで結構長く感じた。上記試験時間は、係りの人に呼ばれた時間なので、実質の面接時間は8分程度と思われる。一礼して入室する。

Hello.

Hello, good afternoon. May I put these on this table?

Yes, please. And have a seat please.

(着席。試験官との距離は約2.5m。近くもなく、遠くもなく。着席した椅子の前には長机が置かれていて、必要であれば、手を置いて話せるし、ジェスチャーをするには丁度良い。)

Please tell me your name.

My name is ........ .

Where do you live?

I’m from ........ in ........ prefecture, which is about 30 km east of ........

Oh! So you took Shinkansen to be here?

Yes, I did.

Let me ask some questions. I saw some blankets tied around trees at some park. What are they?

Winter in Japan is very cold and sometime it is freezing. In order to protect trees from being damaged by freezing, large blankets particularly in northern part of Japan cover trees in some famous parks. If you visit Kenrokuen Park in Kanazawa, you will see such a treatment in winter.

(質問リストに目を落して)In traffic jam, if you bus is stucked and doesn’t move. What do you say?

(短い質問だったので、解釈に困ったが、ガイドとしてバスに添乗している状況でお客様にどう説明するかを問われていると理解して、以下のように回答した。)

I would say, “I am sorry, we have some traffic problem right now. But please be patient. We may delay to get to our destination, but don’t worry because I will manage the schedule amendment so that we can visit all places in our plan. We’ll be okay.”

I understand that the Edo period ended and new era started. Why did it happen?

(幕末の歴史については、複雑なので、要点を絞る必要があると考えて、少し時間稼ぎを試みる。)Well, it’s a good question.(Laughing)Edo period lasted more than 250 years. It started in early 17th century and ended mid 19th century and this country was almost isolated from rest of the world for that period. But since those clans at southeastern Japan such as Satsuma and Choshu have become powerful and they have wanted to have trading with foreign countries for economic reasons so the Shogunate’s isolation policy somehow needed to be overthrown. I think that the economy was one of major reasons of the restoration happened.(詳しく話し出したらいくら時間があっても足りない話題だ。簡潔に述べるなら、この程度かと思ったが、もう少し周辺事情も話せばよかった。)

Okay, next question. What is O-shi-bi?

What???(お歳暮と推測はできたが、念のためと、臨場感を出すために、敢えて「え?なんですか?」というリアクションをした。)

(laughing)Oseibo.

Oh, Oseibo! It’s a year-end gift. We send gifts to the people who you think they are important for us, for example important customers or teachers.

Is the custom becoming more popular, or less popular?

I think it’s becoming less popular these days. People in Japan tend to be more practical rather than ritual I think. This is one of the reasons for the custom is becoming less popular. Actually I don’t send anything, but my wife does. It depends on your position in the society.

What is good for the gift?

It also depends on the relationship between you and the person who you send your gift to. Maybe beer in cans is popular. Since the district I live is famous for good udon noodle, it is chosen as a year-end gift for local people. Soba is good choice too.

In Japan many foreign traditions are popular. St. Valentine’s day is already popular but is there other new traditions for Japan?

Do you mean a foreign tradition?

Yes.

Halloween is becoming popular in Japan. It’s on 31st of October.(もっと喋ろうと思ったが、何となく間が空いたところで、突然)

Okay, thank you very much.

(終わりかい、と内心思ったが)Thank you very much.(と言って、荷物を持ち、再度一礼して退室した。)

受験の感想

10分に満たない時間の中で、良く喋ったという印象が残った。出だしは、私が彼女の発音に慣れず、聞き取れなかったらどうしようかと多少の恐怖感があったが、すぐに解消された。上記、日本人のA試験官の方とも時々目を合わせようとしたが、シートに筆記しておられる時間がほとんどだったので、余りアイコンタクトができなかったのは残念。その代りに、ネイティブの方とは正面切って目をそらさずに会話した。質問自体はそれほど回答に困るようなものはなかったが、比較的単純な聞き方をされたので、勘よく質問者の意図を汲み取ることが必要。概ね、大きくずれた受け答えはしなかったのではないかと思う。また、単純に客観的な事実だけを答えるような設問は少なく、質問された内容に対し自分の持っている知識を組み合わせて自分独自の考えを述べないとスムーズな会話にならない。どのようにそれが評価されるかはわからないが、少なくとも丸暗記だけでは駄目だと思う。
今年の受験準備について:昨年、全く何の準備もなしに予期せず合格した1次筆記試験の余勢のみで京都にて2次を受験したが、見事玉砕。悔しい思いをしたため、今年は戦略を練り直して準備した。先ず受験地選択。昨年の受験で、京都は東京より自分の居住地には近いものの土地勘もなく、試験官が日本人二人という、非常にやりにくい思いをした。同じ状況に遭遇した方が何名かおられ、皆さん同意見だった。そこで、京都では、英語ネイティブの外国人試験官確保が難しかった事情があるのかもしれないと考え、受験地を東京にした。(これは正解だった。今年の他会場の状況については、情報なし。)

ハローの講師、授業内容、教材、その他(メルマガ、ホームページ)についての感想

「英語第2次試験対策秋期特訓コース」は楽しく、大変為になりました。

BACK NEXT