受験者( 48 ):女性

backnext

試験官

<試験官A>

50台前半位の日本人女性。にこやかな微笑を浮かべて優しそうな印象。ただ、その後は試験の予想外の展開に心の余裕が無くなり、表情を確認できなかったが、終始優しそうだったと思う。

<試験官B>

60歳代位の白髪の白人男性。アメリカ人と思われる。試験に慣れてない様子、かつ不親切、不熱心で、メモに目を落としながら朴訥としゃべり、その態度に戸惑った。

質疑応答

誘導の係りの人に「こちらからお入り下さい。」と言われ、ノックもせずに入ってしまった。左側に通訳ガイドらしき女性、右側にネイティブの男性。

Hello, put your bag here and have a seat.

Hello.(その後何か言ったか覚えてないが、うなずいて荷物を置く。)

May I have your name and where do you live?

My name is ........, and I live in ........prefecture.(女性の試験官がにっこりとして下さり、この時点ではネイティブの試験官も微笑んでくれたとは思う。ただ、その後メモに目を落としながらいきなり)

Traffic jam...you...your bus stopped in the traffic jam with your guests inside. What are you going to do?

(試験問題を事前にきちんと消化してないかのような、メモに目を落としながらの不誠実な態度と、予想外の問題に戸惑いながらも何とか答えようと)Well、I'll report to the guests that the bus stopped because of the traffic jam. And...anyway, I'll announce what's happening.

And a guest has a baby. The baby began to cry because it's scary. Wha are you going to do? How are you going to ease the baby?

(これまた予想外の質問に戸惑いながら、必死になって)Well, I like singing a song. So, I'll sing a song to ease the baby.(二人微笑んだ感じ。やった、何とか切り抜けた、と思った。)

My friends will come to Japan from abroad. Where are you going to take them?

Well, I'll take them Kamakura. Kamakura was the seat of Kamakura shogunate and there are so many historical and cultural sites. So, I'll invite...take them to Kamakura.

(いきなり質問を変えて)What's your favorite temple?

(う〜ん、好きな寺かぁ、困ったな、別に好きな寺なんて無いけど・・。)I haven't been to so many temples. But...my favorite temple is Houryuuji. Because it's the oldest wooden structure in the world. And when I was a junior high school student, I went there and I was impressed with it.

(次もまた、メモに目を落としながら、投げやりな感じで)Gardeners...wrap the trees with a blanket. What is it?

(は?何の事?全く解らない。)Well, I couldn't catch what you said....

(いらだったように手でくるくる円を描きながら)In the garden. Gardeners wrap the tree trunks with a blanket. What is it?

(もう私は何のことだかさっぱり解らずパニックになってしまいました。trunk が木の幹という意味もあることは知ってたはずなのにtree trunks と言ってたのをthree trunksと思い込み、え、庭師が三つのトランクを毛布で包むってどういうことだろう、全然意味がつかめない。)Well, sorry, I...I couldn't catch what's your meaning.(このときcouldn't catch と言う言葉を使ったのがまずかったな、と後で思いました。辞書を引くと catch は瞬時に意味が取れないと言う事でunderstand とは違うと書いてあります。それで、ヒアリングが出来ないと思われたらしく、この時とばかりに試験官はアイコンタクトをしながら消しゴムで私の目の前でこれ見よがしに前の評価を消していました。鉛筆でチェックすれば済む物を、なんて失礼なんだろうと返す返すも悔しいです。何の状況説明も無く、いきなり Gardeners wrap the trees.と言われても解りません。そのとき、日本人の方が助け舟を出してくれました。)

In Kenrokuen park...

Ah!(このとき兼六園の雪つりの事を思い出しました。でも、問題はこもまきの事だったのですね。ただ、そのときは雪つりの事と思い込み、それをイメージしたのですが、雪つりと言う言葉さえ、度忘れし、)

I can not come up with the appropriate word. But anyway it's to protect trees from snow.(この答えでまた消しゴムで評価を変えられたような気がします。もう、あまりに予想と違う問題と態度でとにかく動揺していました。もう、これで終わりか?と言う感じで外国人試験官が隣の日本人女性の方を向きました。そのとき、もう一問と言う感じで囁かれ、それで最後の質問になりました。)

At the end of the Edo period, shogun lost the power and yielded it to the emperor. Why?

(このような聞かれ方も予想外でしたが、明治維新については何度も復習したのでとにかく知識を総動員して何とか文にまとめました。)
Well, at that time Tokugaw shogunate was very weak. And some daimyo, feudal lords thought that political system should be changed and they,some feudal lords and some low rank samurais cooperated with the Imperial court and raised the Meiji Restoration. And then, the shogun had to return the powe to the imperial court and he and Tokugawa family evacuated the Edo castle and yielded it to the imperial family.

(この時は試験官も私もアイコンタクトをしっかりとっていたと思います。ただ、試験官は私の答えの内容をちゃんと理解してくれたのかどうか、何の反応もありませんでした。日本人の方の反応は確かめる余裕がありませんでした。)

Well. It's finished.

Thank you.(と言って立ち上がりましたが、もうたじたじになってました。そんな私に追い討ちをかけるように)

Terrible. Don't forget about a garden.(なんてひどい。こんな事を試験の場で言う試験官がいるのですか。私も思わず Yes. なんて言ってしまったのですが、その時日本人の方にたしなめられたような感じで)

Well, sorry forget it.(こんな感じの事を言ったと思いますが、余りに動揺していてはっきり覚えていません。)

Thank you.
(そういって何とか部屋をでましたが、すっかり気落ちしていました。)

受験の感想

とにかく、問題の内容も、試験官の態度も余りに予想と違っていました。そもそもこれは、受験者が通訳ガイドで試験官が旅行者と言う想定のロールプレイだと、ガイドラインにも書いてあるし、先生の直前メールでもその事を念押しされてたので、そのつもりで望んだのに、実際はそんな感じではなく、質問も上記のとおりです。きちんとこちらとコミュニケーションをとろう、という誠実さも感じられず、何より事前に質問内容を本当に理解して質問してるのか、疑わしいような出題の仕方でした。キーワードとして載っている言葉をまるでそのまま拾って繋げてるかのような出だしの質問で、しかも一般的でない事柄を尋ねられても何の事だか解りません。直前の「英語第2次試験対策模擬面接クラス」は三回受けましたが、どれも感触は良く、特に最後の模擬面接の時は「君と話してると楽しいから、きっといいガイドになれるよ。」と言う意味の事を言われていたし、自分としても充分準備し、自信を持って望んだだけに、本当にショックでしばらくは精神不安定になってしまい、すぐにレポートする事が出来ませんでした。ですから、所々うろ覚えになっていますので、実際の言葉と多少違うところがあるかもしれませんが、強烈な印象のところははっきり覚えてますのでほぼ正確だと思います。とにかく「こもまき」なんて言葉は知らなかったし、そんな問題が出るなんて夢にも思いませんでした。他の方のレポートを読むと『「予想問題の嵐」だった。感謝感謝。』なんて方もいらっしゃいましたが、どうしてこんなに差があるのでしょう。とにかく悔しいです。ただ、最後の明治維新に関する問題は自分ながら落ち着いて一生懸命話したし、「こもまき」以外ではそれほど減点の要素は無いと思うので、「人事を尽くして天命を待つ」つもりで結果を待ちます。

ハローの講師、授業内容、教材、その他(メルマガ、ホームページ)についての感想

ハローの講師の方は皆熱心で、能力も知識もおありのご様子で、レベルの高い授業を展開してくださいました。生徒に対してもにこやかで前向きです。試験官が皆こういう方達だったらと思います。

BACK NEXT