受験者( 77 ):女性

backnext

試験官

<試験官A>

50〜60代の白髪混じりの女性。眼鏡をかけた、おそらくイギリス国籍の方だと思います。笑顔はなく、真面目に質問するだけで、フレンドリーな印象はなかったので、こちらも緊張しました。英語は発音もクリアで聞き取りやすかったです。

<試験官B>

日本人女性:50代〜60代に見えました。ショートヘアで温厚そうな方でした。最初に名前と住所の質問をされ、その後は黙って面接の様子を見ていらっしゃいました。

質疑応答

(入室しながら軽く礼をして)Good Morning.

(ほぼ同時)Good Morning.

Please put your bag on that table and have a sheet.

(素早く手前の机にカバンとコートを置き、着席する。)

Please tell me your name and where you live.

My Name is ........, and I live in ........ in ........ prefecture.

Where are you from?

I was born in ........ and grew up there, but I moved to ........ in ........ six years ago.(........という地名が聞き取れなかっただけかもしれませんが、少し動揺して出身地など余計なことまで答えてしまいました・・・)

I see. I’m here in Japan for the first time. So, I’d like to ask you several questions.

Yes.

First of all, please tell me about the climate in Japan.

Yes. In Japan we have four clear-cut seasons, spring(口をついてspringがでてきてしまったので、こんなことは言わなくて良かったと思いながら、続けました), summer, autumn and winter. Also we have the rainy season between spring and summer. It usually lasts about a month. Also we have the typhoon season, usually from September to November.

Oh, typhoon…Is the typhoon scary?

(なんて答えようかしら、怖がらせるのはいけないし…と思いながら…)It depends on the year. For example, we didn’t have any typhoon attack in this year. Last year we had some…But, usually it doesn’t cause a serious damage in Tokyo area.(台風による各地の被害などが頭をよぎり、こんな答えでいいのかしら、でもこれ以上突っ込まないでほしいと思いました。)

In Tokyo area…Um…. What’s the advantage of Japanese wooden structure?

(台風の話題が終わってよかったと思う間もなく、いきなりの予想外の問題に戸惑いました。でも最初が気候の話題だったから、それに繋げて答えようと思いつき、)In Japan it’s very humid in summer time. It’s comfortable to stay in the wooden house even in humid summer. But, we have a lot of earthquakes in Japan, so nowadays we have the new houses built not only of wood but also in concrete.(new houses よりmodern housesの方が適切だったはず。またとっさに concreteという単語しか思いつきませんでしたが、reinforced concreteの方が適切だったと思います。)

In concrete…I see. Why are there so many Buddhist temples in Kamakura?

(今思えば、古都だから…というだけでよかったのだと思いますが、現在鎌倉で英語とイタリア語のボランティアガイドをしているため、深読みし、京都や奈良との違いを説明しなければととっさに思い込んでしまいました…。)Kamakura was the place where the first Shogunate located, called “Kamakura Bakuhu”, around the 12th century(より正確には、14世紀後半までというべきでした). At that period, the Zen Buddhism came from China, but Nara and Kyoto, which were still the capital city where the emperor was, didn’t accept the new Buddhism because there were already a lot of temples of traditional Buddhist sects. Only the new government in Kamakura accepted new Buddhism sects. That’s the reason why there are so many temples in Kamakura. There are several big temples of the Rinzai sect, which is one of Zen sects.

Oh, I didn’t know that. I’ve heard there was the system …(どのように表現したのか思い出せませんが、江戸時代の参勤交代のことを言っていることはわかりました)Why was that system introduced?

The Edo shogunate government wanted to have an economic predominance over feudal lords. They forced the feudal lords to come to Edo, to reduce their money. The feudal lords had to spend a lot of their money because of the system.(大名の家族を人質にとるという意味合いもあったなと思いましたが、説明する自信がなかったので、ここで答えを止めました。)

They were very clever. Yes.(I think so,too.と言えばよかったのですが、答え終わってホッとしていたので言い損ねました。)

Why do you eat a sea bream for the special occasions in Japan?(にこりとも笑わず、真面目に質問をする試験官Bを見つめながら、一瞬sea bream って何?I don’t know the wordって訊いてもいいの?と頭にいろいろな考えが巡りました…。”鯛“のことだと思い当たった瞬間、深く考えずに答え始めました)

The Japanese pronunciation of sea bream is “Tai”. (ここまで答えた時、日本 人の試験官が頷くのが横目で見えました。鯛のことだと分からない受験者もいたのかなと思いました。)There is an another word with the same pronunciation “Mede-tai”. It means happiness. That’s why we eat sea breams for special occasions.

I see. Is there any other food that you eat on the special occasions?

(一難去って、また一難?数の子が頭に浮かびましたが、その時は子沢山の意味合いがとっさに思い浮かばず却下。昆布は、食べ方の説明が複雑かも…、それに結納について説明する自信がないと思い、もういいや、お餅にしよう!と一瞬のうちに色々な考えが頭をよぎりました)For example, we eat rice cakes called “Mochi”. Mochi is very sticky, so when we eat it, it becomes long(伸びるという単語がとっさに思い浮かびませんでした。stretch が適切な表現かも…).So, rice cakes are the symbol for a long life for us. We eat rice cakes on such special occasions as New Year holidays.

Oh, I’d like to eat a lot, if I’m here on the New Years day. About Japanese Prime Minister, how is the Japanese Prime Minister elected?

(予想外の時事問題で、国会ってなんていうんだったかしら…と不安でいっぱいのまま、とりあえず答え始めました…)Unlike America, we , normal people, can’t vote for the prime minister directly in Japan. We can vote only for the members of the Diet. The prime minister is elected by the members of the Diet.(衆議院と参議院や与党と野党を区別して、与党の党首という説明をするべきだったと猛反省…)

Is the Diet similar to Parliament?

(この試験官はイギリス系統の人だと思いながら)Yes.

Who is the prime minister in Japan?

Last two years, the Japanese prime minister changed a lot. Now, the prime minister is Taro Aso.

Aso…I’ve heard that name…He likes Manga...

Yes, he does. But, we are worried about him because he made mistakes for the pronunciations of Kanji. So, we hope that he reads not only Manga but also some books.(試験官二人とも笑ってくれました。特に日本人の試験官が大きく頷きつつ笑ってくれたのが印象的でした)

This is the end of the test. Thank you.

Thank you very much.(荷物をとって退出の準備が整ってから)I’m sorry that I was so nervous.

That’s O.K. Have a nice day.

Thank you.

受験の感想

会場に着いたのが10時でしたが、私の受付時間は10時半からだったので、建物の外で30分間待ちました。その後、入って受付を済ませて受験番号や面接番号が書かれたカードをもらうと、試験前待機室に案内され、そこで約1時間待ち。私の席は13-?(13号室一番目の意味だと後で知りました)。11時半になると、8〜13の?の人6人が係員に連れられて、エレベーターで5階へ。
各部屋の前で立って待ち、係りの人の合図で入出しました。担当のネイティブの試験官が厳格でとっつきにくそうな方だったので、最初はとても緊張しました。質問も多岐に渡っていたので、答えことに一生懸命で、なかなか余裕が持てず、特に日本人の試験官の方を見ることはほとんどなかったのが、一番の反省点です。ただ、麻生さんの質問に入ると、ほっとして余裕が出て、気がつくとあんな回答が口から出ていました。最後に試験官に笑ってもらえて、少しホッとしました。面接終了後は5階奥の試験後待機室で12時15分くらいまで全員が終了するのを待ちました。

ハローの講師、授業内容、教材、その他(メルマガ、ホームページ)についての感想

二次試験直前に頂いた予想問題は、とても参考になりました。問題文を見ながら、自分でその回答を組み立てる練習は、試験本番でも役に立ったと思います。sea breamという単語がわからず、答えられなかったという話をしていた受験生もいて、とてもかわいそうでした。つい文章や内容に目が行きがちな二次面接ですが、基本の単語を押えることも大切だと思いました。そういう意味では、時事問題(特に政治)に関する単語を押えきれておらず、首相はどのように選ばれるかという問いに適切に答えられなかったことが、自分自身で反省する点です。

BACK NEXT