第1次邦文試験
(日本地理、日本歴史、一般常識)対策


基礎から体系的に学ぶ<マラソンセミナー>

<マラソンセミナー>とは
第1次邦文試験(日本地理、日本歴史、一般常識)受験対策に特化した各科目24時間の特訓セミナーのことで、下記はその使用テキストとサンプルデモ授業(音声)です。本セミナーは、2006年開講以来、累計で約1万人の方に受講された実績があり、多くの受験者の合格をサポートしてきました。



<マラソンセミナー>のテキストは、下記よりダウンロードできます。
マラソンセミナー「日本地理」テキスト 
マラソンセミナー「日本歴史」テキスト 
マラソンセミナー「一般常識」テキスト 



<マラソンセミナー>の授業のサンプルデモ授業(音声)は下記にてお聴きになれます。

●マラソンセミナー<日本地理>のサンプルデモ授業(音声)
(1)第1講義(その1)  ダウンロード
(1)第1講義(その2)  ダウンロード
(1)第1講義(その3)  ダウンロード
(1)第1講義(その4)  ダウンロード
(1)第1講義(その5)  ダウンロード
(1)第1講義(その6)  ダウンロード

●マラソンセミナー<日本歴史>のサンプルデモ授業(音声)
(1)第1講義(その1)  ダウンロード
(1)第1講義(その2)  ダウンロード
(1)第1講義(その3)  ダウンロード
(1)第1講義(その4)  ダウンロード
(1)第1講義(その5)  ダウンロード
(1)第1講義(その6)  ダウンロード

●マラソンセミナー<一般常識>のサンプルデモ授業(音声)
(1)第1講義(その1)  ダウンロード
(1)第1講義(その2)  ダウンロード
(1)第1講義(その3)  ダウンロード
(1)第1講義(その4)  ダウンロード
(1)第1講義(その5)  ダウンロード

<その他の教材、テキスト>

<項目別地図帳>
通訳案内士試験ガイドラインには、日本地理の問題には、「地図や写真を使った問題を3割程度出題すること」が明記されていますし、また、そのように出題されています。従って、日本地理を学習するときは、内容が何であっても、常に地図上で確認しながら学習することが大切です。図形、空間認識を司る右脳を使うことにより記憶力は格段に向上しますので、受験者としては、地図を利用しない手はありません。これは記憶術のイロハでもあります。
本書では、よく出題される12項目について、覚えておくべき地名などをまとめました。すべての事項にルビを振り、学習の助けとしました。白地図は、世界遺産など、ご自分で項目を決めて自由にご活用ください。

<よく出題される12項目プラス白地図> 
(1)国立公園
(2)国定公園
(3)主な山岳
(4)主な河川
(5)主な半島/島/湖
(6)主な岬/名勝
(7)主な海峡/海域/湾
(8)主な火山
(9)主な温泉
(10)主な小京都
(11)旧国名
(12)各地の富士
(13)白地図(4ページ)


<2012年度合格必勝資料>
  <日本地理の最重要事項> 
  <日本歴史の最重要事項> 
  <一般常識の最重要事項> 



<教本シリーズ>、<マラソンセミナー>の授業をDVD、CDで受講することができます!



<教本シリーズ>、<マラソンセミナー>の授業を録画、録音したDVD、CDのほか、ハローの最強、最高の教材の販売ご案内を下記サイトにていたしております。
http://www.hello.ac/materials/books.pdf